ゆたぼん父、ツイッターで暴言。アカウントが凍結される

2019年9月7日、小学生YouTuber「ゆたぼん」(登録者数8.3万人)の父、中村幸也氏のツイッターアカウントが凍結されました。

中村氏がツイッターで暴言

9月1日、中村氏はツイッターで視聴者からの批判を受け、

お前みたいに匿名でしか書き込めないカスが子どもだったら、こっちが死にたいわ

と投稿。
これに視聴者が「口悪いカス扱いする心理カウンセラー(※)初めて見た」と返信すると、
中村氏は、「消えろ、カス」と返信。
この過激な発言で視聴者から大きな批判を受けました。
※中村氏は「作家、心理カウンセラー」という肩書を名乗っています。

龍神がゆたぼんを煽る

同日、“炎上系ツイッタラー”の「龍神」が「ゆたぼんパパの4コマ漫画です」として4枚の画像を投稿。

中村氏の冒頭の発言を取り上げ、

(他ユーザー)学校に行くという常識が身につかなかったのは誰なんですかね…
(中村)学校に行くのが常識という考え方がすでに非常識
(龍神)義務教育って知らないのかな?

というやり取りを紹介。
そして、これによって龍神が中村氏にブロックされたことを投稿しました。

龍神はツイッターで約14万人のフォロワーを持ち、有名無名関わらず、さまざまな人物を煽ったり攻撃したりする“炎上系ツイッタラー”で、その過激なスタイルから、ファンとともに“アンチ”も多い人物です。

龍神は中村氏とのツイッター上でのDMのやりとりとする画像を公開。

その後、7日になって中村氏のツイッターアカウントが凍結されました。
龍神が自らの影響力を使って、多人数でツイッターに通報するなどの手段を使った可能性もありますが、定かではありません。

龍神の次の標的はYouTube

龍神はその後も「次の目標はYoutubeアカウントだ!!」と宣言。
YouTubeアカウントの停止も狙っているようです。

9月9日21:48追記

アカウントの凍結は、自分の写真の著作権侵害

8日夜、中村氏が自身のブログを更新、Twitterアカウント凍結理由が「DMCA著作侵害」だと明かしました。
著作権侵害とされたのは「僕のプロフィール写真や僕の子どもたちの写真」とのこと。

本記事の冒頭に書いた、暴言によるものが理由ではなかったようで、異議申し立てを行えば凍結は解除されるようです。

しかし中村氏は、申し立てをすると、「通報者が架空の人物であったり、虚偽の申告であったとしても」、その人物に「名前や住所や連絡先などの個人情報をすべて抜き取れられてしまう」、
さらに「Twitter社は何の確認もせずに写真を削除し、通告が5回続くとアカウントを凍結する」として、
Twitterの著作権侵害の申し立ての仕組みは「欠陥だらけ」と問題視しています。
中村氏は対応を法律の専門家に任せるとのことです。

龍神のDMは捏造

また、龍神が中村氏とやり取りしたというDMについては、

僕とこの人がDMでやり取りをして、僕が暴言を送った事でアカウントが凍結したかのような感じですが、僕はこの方とDMのやり取りをした事すらありません。(中村幸也オフィシャルブログ

と語っています。

中村氏は、こうした捏造にかける労力を疑問視しつつ、

何にしても悪質ですので、このままにしておくわけにはいきません。
DMCAの虚偽通告は犯罪です。
偽計業務妨害罪または威力業務妨害罪にあたると考えられます。

と法的手段を取ることを示唆しています。

お詫び
昨晩記事を公開した際には、龍神が投稿した中村氏とのDMが事実であるかのように記載していましたが、
中村氏のブログにもある通り、捏造の可能性があったため、本日記事の一部を削除・変更しました。
当サイトの確認不足により、記事をご覧いただいた皆さま、関係者の皆さまにはご迷惑をおかけして大変申し訳ございません。

 

最新ニュース

もっと見る

ニュースアクセスランキング2019.09.11~

もっと見る