YouTube、
ファンフェスへの参加を賭けたクリエイターのコンテストを発表

2019年10月7日、YouTubeが「YouTube FanFest Japan ラインアップコンテスト」を発表しました。
12月4日開催予定の公式イベントへの出場を賭けたクリエイターのコンテストとなっています。

公式ファンフェスタへの出場を賭けたコンテスト

まず書類審査で4名のファイナリストを選出。
ファイナリストは指定されたテーマに基づき動画をアップロードし、それを見た視聴者が投票し、最多得票を集めたクリエイターが優勝となるようです。
優勝したクリエイターは、トップクリエイターと一緒にファンフェスに出場するチャンスが与えられるとのこと。

YouTubeはツイッターの公式アカウントで、「あなたの推しクリエイターをYTFFの舞台に!」として、
視聴者に対し、このツイートにクリエイターをタグ付けしてクリエイターからの応募を促そうと呼びかけています。

100万人以上のチャンネルは対象外

YouTubeファンフェスには「ヒカル」(登録者数346万人)や「ラファエル」(同135万人)などクリエイターながら声がかかっていないYouTuberがいることを紹介しましたが、このコンテストの対象ではないようです。
(関連記事「YouTubeファンフェス、100万人達成を表彰されるのは誰?」)

コンテストの応募条件には

・チャンネル登録者数が 10万人以上、かつ 100 万人以下
・アカウントが違反警告を受けていないこと(YouTube

などが挙げられており、すでに100万人を達成しているチャンネルは対象外となります。

YouTubeのツイッターアカウントに「PDRさんをYTFFに出せ」というコメントが殺到していた「PDRさん」(登録者数110万人)も対象外。

一方、100万人に届かない主なYouTuberには「プリッとChannel」(同95万人)、「ユーチューバー草彅」(同93万人)、「ねこてん」(同92万人)、「きょんくま」(同92万人)、「QuizKnock」(同91万人)、「てんちむCH」(同88万人)などがいます。

応募期限は10月18日23:59まで。
果たしてどんなYouTuberが名乗りを上げるのでしょうか。

関連リンク

YouTube FanFest Line Up Contest
YouTube Fan Fest Japan 2019