ラファエルとシバターの対立で“炎上軍”ついに解散か

2019年9月28日、“物申す系”YouTuber「シバター」(登録者105万人)が「ラファエルから絶交されました。炎上軍解散です」という動画を投稿しました。

シバター、「ヒカル」(登録者346万人)、「ラファエル」(登録者136万人)の3人のグループ“炎上軍”。一体何があったのでしょうか?

きっかけはラファエルの年齢イジリ

事の発端は、以前シバターとラファエルの2人でラジオ動画を撮った時のこと。
シバターは9月21日にそのことに言及した動画を投稿しています。

シバターがラジオ撮影中にラファエルの年齢が高いこと(シバター曰く、40歳近いとのこと)をイジると、ラファエルから「絶対カットして!」と言われたそう。
シバターは

(ラファエルがイジられたくないことを)全てカットしていたら全然つまんないっしょ

と反論しましたが、結局折り合いがつかず動画がお蔵入りになったことにかなり立腹した様子でした。
※後日、シバターはラファエルの年齢に関わる部分を自主規制音で隠し、ラファエルの許可を取らず動画を投稿しています。
シバターは、

考えてみたら、俺の方が年齢は若くとも、YouTube業界ではラファエルより先輩なんで動画出すことにしました。
後輩に発言権はないので。

とコメントしています。

ラファエル激怒

無許可で動画を投稿されたラファエル。いつもは紳士的な彼もさすがに怒ったようです。
シバター曰く、炎上軍のLINEグループにて、ラファエルのマネージャーより

10月に大きなコラボをする予定だったんですけど、(ラファエルは)それから降りさせてもらう

というメッセージが来たそうです。事実上、今後ラファエルはシバターとコラボしないという最終通告でした。
これはつまり炎上軍の解散を意味します。
シバターは、

今回の件、90%悪いのは僕だと思いますよ

と断ったうえで、ラファエルの年齢や本名など個人情報は検索すれば普通に出てくると指摘。
しかもそれら個人情報が流出したのはいわゆる“VALU騒動”によりラファエルの経営する会社の登記情報が世に広まったからでした。
そんな、今では誰でも見れる情報を今さら隠したがるラファエルに、シバターは疑問を投げかけています。
炎上軍解散の現実に「別にもういいんだ」と諦めるシバター。「俺はこうして友達を無くしていくんだ」と天を仰ぎながら、炎上軍として3人でやってきたことを振り返る姿は印象的です。

この時点では、ユーチュラ編集部としては「これはやらせではないか」と疑いを持ったため、ニュースとして取り上げませんでした。
しかし、ヒカルからのコメントにより、この話は現実味を帯びてきました。

ヒカルのツイキャスにて「炎上軍は終わりです」

10月7日、ヒカルはツイキャスにて今回の件について触れました。

シバターとラファエルの対立、そして炎上軍の解散は真実とのこと。

ラファさんって顔隠しながらやっとうから、顔隠しながらやっとう人間が、もしかしたらこの人とコラボしたら顔とか出されるんじゃないかっていうリスク抱えてるから、(コラボ)やらへんやん。
コラボするときに、毎回リスク抱えてやるのってしんどいやん。

ディズニーランドのミッキーのぬいぐるみの中身を見ようとしてくるやんシバターは。そんなん無理やん。

と、ラファエルは自分のブランディングを無視するシバターとコラボすることにリスクを感じ、そこまでして炎上軍に参加する意味はないと判断したとのことでした。
一方で、ヒカルは2人とそれぞれコラボを続ける意思はあると発言。しかし、今後3人が揃うことは難しいだろうとしています。