ヒカキンが人生初のクイズ番組に出演

ヒカキン」(登録者数775万人)が、人生初となるクイズ番組への出演を果たします。

ヒカキンは小学生レベルの問題を解けるのか?

2019年10月18日、日本テレビの新レギュラー番組として「クイズ あなたは小学5年生より賢いの?」がスタートします。
(関東地区では19:00より放送)
海外で人気のクイズ番組「Are You Smarter Than a 5th Grader?」の日本語版という立ち位置で、これまでも特番という形で数回放送されていました。

初回となる18日は2時間スペシャルとして放送され、ゲストとしてヒカキンや、俳優の工藤阿須加や山田裕貴、アナウンサーの羽鳥慎一、芸人の小島よしおらが呼ばれるようです。

挑戦者は、出題される小学生レベルの問題に解答し、11問連続で答えることができれば300万円を獲得するというこの番組。
果たしてヒカキンは、見事全問正解することができるのでしょうか?

10月19日追記

ヒカキン、やじろべえを知らず

以下、放送内容の紹介です。

1問目、ヒカキンが選んだのは「1年生の日常生活」という問題。
写真で示されたおもちゃの名前を答える問題で、正解は「やじろべえ」でしたが、ヒカキンは

こんなの知らないんだけど、え? え?

と驚き、会場からは「えーっ」というどよめきの声が上がります。
ヒカキンは「シーソーじゃないっすよね」と言い、本当に知らない様子。

番組では、小学5年生の助っ人の力を借りるシステムがあり、ヒカキンは早速これを利用してなんとか正解します。

2問目は「庭をまわる」の「まわる」を漢字で書くと「回る」か「周る」かを聞く問題。
これも小学生の手を借りて正解したヒカキン。
その後は7問目まで正解を重ねます。

小学生のアドバイスに助けられる

8問目は「ドイツの国旗」を問う問題。
ドイツ国旗の三色が横に並んだものと縦に並んだものが示され、どちらかが正しいかを選ぶ問題です。

ヒカキンは、ここでも小学生を頼りますが、5人いる小学生の答えも3対2で割れてしまいますが、
「ヒカキンさんに正解してほしい」という小学生の男の子の自信を持った「信じてください」という声を信じて解答。

これ信じないで間違えたときに一番ヤバいっすよね

というヒカキンらしい言葉もあり、見事に正解。

9問目で敗退

9問目は「4年生の都道府県」の問題。
正解すると75万円獲得です。

問題は四国の4県の地図が提示され、愛媛県はどれかを選ぶというもの。
ヒカキンは4つの県の地図のかたちから、それぞれの県の配置を導き出していきます。
司会の劇団ひとりからは「こんな問題の解き方するとは思わなかった」という言葉も出ます。

しかし小学生のサポートは3回までで、すでに使い果たしてしまっていたヒカキン。
ここで残念ながら不正解となり敗退。300万円を手にすることはできませんでした。