立花孝志のYouTubeチャンネルの登録者数が減少。
“オワコン化”の声も

「NHKから国民を守る党」の党首「立花孝志」(登録者数53万人)のチャンネル登録者数が減少しました。

参議院選挙を機に注目浴びる

2019年7月に行われた参議院選挙に出馬した立花。
NHKのスタジオで撮影された政見放送で「NHKをぶっ壊す」と叫んだ様子を投稿した動画は400万回以上再生されるなど、大きな反響を呼びました。
(関連記事「『NHKから国民を守る党』、NHKで『NHKをぶっ壊す』と叫ぶ」)

議員就任後も、自身のチャンネルや他のYouTuberとのコラボ、AbemaTVへの出演など、何かと話題に上がることの多かった立花。
8月の1カ月間で、20万人強だった登録者数を45万人にまで増やしています。

政治家としての立花に非難の声

YouTube活動が順風満帆な一方で、政治家としての立花孝志には疑問の声が上がっていました。

議員になってからもYouTube上では過激な発言を繰り返しており、9月には動画がきっかけで書類送検されています。
10月には、埼玉で行われる参院補欠選挙に出馬するために、突如議員を辞職。
この補欠選挙に落選すると今度は海老名市長選へ出馬しますが、こちらも落選しました。
(参考:スポーツ報知「N国・立花氏、埼玉補選で0秒落選も『出続けることが重要』年中出馬だ」)

すると今度は、タレントの「マツコ・デラックス」を相手に集団訴訟の準備を進めていることを動画で報告。
当初の「NHKのスクランブル放送化」という目的から外れたような行動を続ける立花に、コメント欄では「ピエロ」「行動力無さすぎ」といったコメントも寄せられています。

YouTuberを名指しで批判

またこの動画で立花は、

ここではあえて名前を出しておきましょう、相手しませんけどね。
えらてんっていうような、法律のこと専門でない方であったり、あとみずにゃんだったり、幸福の科学の長男の宏洋さんであったりですね。
あの3人は全員が法律の専門家ではありませんので、彼らが言うことなんてのは信用しなくて大丈夫ですので。

と、「えらてん」(登録者数15万人)「みずにゃん」(18万人)「宏洋」(4.7万人)らを名指しで批判。
今後の発言次第では「名誉毀損罪、信用毀損罪もある」と警告しました。

YouTuberが反発

立花から警告を受けた3人のYouTuber。
しかしながら、彼らが黙っているはずもありませんでした。

12日、宏洋は「【N国党】立花孝志「宏洋を訴える」 お前、俺に勝てるとでも思ってるの?」を投稿。
青山学院の法学部に所属し、ゼミの副ゼミ長を務めていた経験から「君よりはちゃんと勉強してるから。知識あるから」と反発しました。
えらてんも動画で、マツコ・デラックスへの訴訟について「政治家が詐欺するな」「集団訴訟に参加したら不利益を被るのは自分」などとして立花を批判しました。

また、みずにゃんは11日に「N国党も立花孝志さんもオワコンです!」を投稿し、立花の活動方針を強く批判していました。

登録者数が久々に減少

みずにゃんからは“オワコン”とまで言われた立花ですが、11月5日から6日にかけて登録者数が1000人減少しています。


53万人の登録者を抱える立花にとって1000人は些細な数字かもしれませんが、立花のチャンネルは4月以降登録者数が常に増え続けており、登録者数の減少は久々の出来事です。

またユーチュラ調べでは、立花孝志のチャンネルの8月の動画再生回数は5141万回。
そこから、9月は2800万回、10月2380万回とかなりの減少傾向にあります。
11月12日までの再生回数の合計は672万回と、月間2000万回を下回るペースにまで落ちています。

これらのデータは、活動が安定してきただけなのでしょうか。
それとも、すでに飽きられてきたということを意味しているのでしょうか。

(関連記事「N国、3月には資金がゼロに。立花孝志党首が懐事情を明かす」)