YouTube Ranking

この1年でYouTubeのランキングはどう変化したか

2016年10月3日

YouTubeランキングは2015年7月に開設したサイトです。

開設から1年ちょっと経っていますが、ランキングの登録チャンネル数は、当初の440チャンネルから3,271チャンネルになりました。

1年でランキングの内容も大きく変わっていると思いますので、
変化をまとめてみました。

1年前と登録者数のランキングを比べてみると、

2015年9月の登録数ランキング

1位 avex
2位 HikakinTV
3位 はじめしゃちょー
4位 HIKAKIN
5位 HikakinGames
6位 AKB48
7位 Goose house
8位 マックスむらい
9位 SeikinTV
10位 MAHOTO

2016年9月の登録数ランキング

1位 はじめしゃちょー(3位↑)
2位 HikakinTV(2位→)
3位 avex(1位↓)
4位 HiakinGames(5位↑)
5位 木下ゆうか(35位↑)
6位 SeikinTV(9位↑)
7位 HIKAKIN(4位↓)
8位 Goose house(7位↓)
9位 あっ、妄想グルメだ!(11位↑)
10位 AKB48(6位↓)

 

日本のYouTuberの「顔」が交代

hikakinhajime

昨年の9月はavexが250万人で1位でしたが、3位だったはじめしゃちょーが1位になりました。
はじめしゃちょーの登録者数は、218万人から407万人と1年でほぼ倍増しています。

日本のYouTuberの第一人者であるHikakinは、はじめしゃちょーに抜かれはしたものの、今年も2位、4位、7位にランクインする健在ぶり。

 

木下ゆうかが4倍増。マックスむらいは圏外に。

photomaxmura

35位から5位に躍進したのが大食い動画で海外でも人気の木下ゆうか
登録者数は52万人から215万人と4倍になっています。

逆にランキングから漏れたのが、マックスむらい
昨年は145万人で8位でしたが、今年は147万人と2万にしか増えず、12位に。

社員の退職や、元役員の不正など、負の話題が多かった1年です。

 

UUUMが上位の7ちゃんねるを占める

2016年のランキングでは、
上位10チャンネルのうち、7チャネルがUUUMの所属。残りの3チャンネルはすべて順位を下げています。

UUUMとは「MCN(マルチチャンネルネットワーク)」です。
ファウンダーとして名を連ねているHikakinをはじめ、はじめしゃちょーや、SEIKIN、瀬戸弘司、レオンチャンネルなど、多くの有名YouTuberが所属しています。

uuum

MCNとは、

マルチチャンネルネットワークとは動画クリエイターのマネジメントを行うのがメインで、いわば芸能事務所のような存在です。
https://ferret-plus.com/567

 

UUUMの勢いがすごいですね!