YouTube Ranking

YouTube、再生回数1万回以下は広告禁止に。審査プロセスも導入。

2017年4月7日

YouTube上の不適切な動画に広告が配信されていたことがきっかけで、大手の広告が引き下げられたというニュースがありましたが、YouTube側は対策の一つとして、再生回数の少ないチャンネルには広告を禁止する措置をとるようです。

YouTubeでチャンネル開設をすれば、誰でも広告を配信の設定ができ、
自分の動画上で広告が再生されれば収入を得られたわけですが、
今回の対策によって、再生回数の合計が10,000回に達していないチャンネルは広告収入を得られなくなります。

といっても、YouTubeでの広告収入は1再生あたり0.1円が相場と言われていますので、
10,000回の再生回数では1,000円にしかなりません。

YouTubeで生計を立てよう!
と思っている人には当然超えるべき壁です。

上に加えて、
数週間以内には新しいクリエイターがYouTubeのパートナー・プログラムに参加する際に、
審査プロセスが導入されるそうです。

違法な動画が大量にアップされている現状では、当然の対応かもしれません。

オリジナルなちゃんとした動画を公開している人は問題ないと思いますが、
YouTubeで動画をアップしようかなと思っている人は、早めにやったほうがいいかもしれませんね。

 

Introducing Expanded YouTube Partner Program Safeguards to Protect Creators(英語)