YouTube Ranking

YouTuberの階層別の分布。登録者数100万を超えるYouTuberはわずか○%!?。

YouTubeランキングに登録されているチャンネルは約6,000あります。

「はじめしゃちょー」や「HikakinTV」のような、登録者数が500万人を超えるチャンネルから、1名しか登録がないチャンネルまで幅広いチャンネルが登録されています。

今回は、YouTuberの登録者を階層別にした分布図をつくってみました。
登録者数別にYouTubeチャンネルがわかりやすくピラミッド図にしてみました。

登録者数階層別のYouTuber分布図

 

登録者数100万人を超えているYouTubeチャンネル約50チャンネルで、当サイト全体に占める割合はわずか1%。

YouTubeの収入は登録者数というよりも再生回数によって決まるので、一概には言えませんが、100万登録あれば文句なしにYoutubeの収入だけで生活できるでしょう。

続いて、10万人~100万人のチャンネルは約700チャンネルで、構成比は12%。

そしてその下は、意外なことに1万~10万のチャンネルより、1000~1万のチャンネルの登録が少なくなっています。

ここで集計しているのは、当サイトに登録されているチャンネルです。
ランキング登録へのきっかけは、他薦や自薦ですが、登録者数が多いと他薦で登録されるケースが多いので、1万人を超えてくるあたりから、固定ファンがついてくるチャンネルが増えるといえるかもしれません。

単純に登録者数が多いと、見る人も増えるので推薦の機会も増えるのかも。

登録者数は普通は一度増えると、減りにくいので、
このグラフを時間を追って見ていけば、上位の層の登録数は増えていくはずです。
登録者が少ないチャンネルがどの程度の割合で増えるか見ていけば、YouTuber業界全体の盛り上がりを見る指標にもできそうです。

 

グラフについて

※各層の分厚さ実際の数値の割合とは一致していません。
※企業チャンネルなど、個人運営ではないチャンネルを含みます。
※2017年10月2日時点での登録者数