よりひと、今度は通信制高校をネタにして炎上

2019年3月4日、「よりひと」(登録者数67万人)が「【物申す】通信制高校に通う学生は全員負け犬だ」という動画を公開しました。

よりひと「通信制高校行ってる奴マジで負け犬」

動画では通信制高校を取り上げ、

総じていうと、まあなんかヒドイなというかね。
通信制高校行ってる奴マジで負け犬だなと

その理由として、「引きこもりが多すぎる」と述べ、

暇を持て余してるくせに、バイトすることもなく、ネットサーフィンしがち

勉強面では、iPadを使うので漢字などは簡単に変換できてしまう。見張り役の先生がおらず、答えを丸写しする人もいるなどと話しました。

夢や目標がない

基本的に夢とか目標みたいのがないんですよ
ただ、通ってるだけ
(中略)何とかなると思ってるんですよね、そいつらが。
気持ち悪いのが。何とかならねえし。

ただし、

目標とかあったり、ちゃんと働いてる人は別ですよ

とも発言。親のスネをかじって漫然と高校に通っている人のことを批判しているようです。

嫌なことをしてる人はちゃんと仕事もやる

普通の高校に通っている人は、偉いというか普通こそ俺は一番、一番だと思うんですよね
「普通」の高校に通ったというよりひとは、部活での朝練や大会などを通して集団行動や根性が身についたと語り、「ストレスに耐性がついた」と語っています。

やりたくないことをやるっていうのが意外と社会で役に立ったりするのかなあと。みんな仕事でね、やりたいことやってる人っていうのは少ないと思うんですよね。

いい大学に通ってる人は仕事ができたり、っていうのもあるんですよね
(中略)基本的に勉強とか嫌なことをしてる人はちゃんと仕事もやったりとか、社会的常識もあったりとか

加えて、よりひとの尊敬している元上司が、38度の熱があったのに出勤し、職場で倒れたという話を紹介、「ここまでやるんだ」と「心が震えた」と語っています。
 

よりひとの昭和的価値観

よりひとは先月も女性への差別発言、子供へのイジメ宣言で炎上しています。
(関連記事「よりひと「女は所詮男よりも下の人間」 女性差別・子供イジメ続行宣言」)

平成生まれにしては古い価値観の持ち主だと思えますが、
今回の動画でも「嫌なことをしてる人は仕事ができる」という発言や、高熱で出勤して倒れた上司の話を美談として紹介するなど、よりひとの根性や精神力を称賛する姿勢からは、昭和的な価値観を感じさせます。
 

炎上商法が奏功?

今回の動画のタイトルは「【物申す】通信制高校に通う学生は全員負け犬だ」で、サムネイルには「通信制高校の奴ら 未来のないゴミども 全員負け犬」だろという文字が大きく出ています。

ただし動画内では全員を批判している訳ではなく、漫然と通っている人だけを批判対象にしていました。前回の女性差別よりはマイルドな批判かと思いますし、タイトルとサムネイルで注目させ、炎上させて再生回数を増やす“炎上商法”狙いとも思えます。

動画の再生回数は6万回、高評価1,794、低評価5,872で低評価率が76.6%となっています。(3月5日7:40現在)
よりひとはこれまでもたびたび問題発言をしてきましたが、低評価が多くつくことはなく、70%を超えるのは目にしたことがありません。

コメント欄では

「今まですきだったのに好感度だだ下がりだわ。ひいた。」
「まず言い方が酷いんだよな。
目標持って仕事してる人は別とか言ってるけどやぱ通信制通ってる人からしたら不快でしかない。」
「あなたは全日制に通い、全日制を卒業したのに世間の事を何も勉強できていない人の象徴ですね。」

などと批判が殺到。

炎上狙いであれば成功したと言えるでしょう。

 

最新ニュース

もっと見る

ニュースアクセスランキング2019.09.15~

もっと見る