桐崎栄二、パクリ疑惑で炎上

桐崎栄二」(登録者数262万人)に「パクリ疑惑」が浮上しています。

桐崎栄二は2019年5月3日に「最終手術がおわりました」という動画を公開。
病院で手術を受けたことを報告したのですが、動画内で桐崎が発言した内容が、まったく関係のないブログの文章とほぼ同じだと判明、炎上しています。

※本件は「Kakezou Channel」(登録者数1800人)から情報提供いただきました。ありがとうございます。

パクリ元とされたのは、「KOTOBAKO」というブログの「【粉瘤摘出】人生初の手術を体験。かかった費用や時間など【アテローム】」という記事で、2015年8月に公開されたもの。

どれだけ似ているかを記事の一部で比較してみます。

 

パクリ元との比較

手術室へ入る際の描写

手術室へ入る際の描写です。
まずはKOTOBAKO。

ついに呼び出されて手術室へ。ドラマで見るような白い清潔感漂う壁と、幾重にも重ねられたドアが印象的。

一つ前の更衣室で手術着?に着替えたのですが、健康診断でよく着るやつと一緒なんですね。もっと手術らしい緑っぽい薄手のやつかと思ってた。

手術室ではベッドに仰向けに寝かせられ、点滴や血圧測定器を装着。温められていた布団をかぶせられて寝不足は幸せの絶頂でした。

看護師の方は2人。恐らく20代の若くてかわいい看護師さんと、もう一人は僕と同い年くらいの看護師さん。何やら和気藹々と作業を進めておりました。
KOTOBAKO

一方、桐崎栄二が動画で話した内容は以下の通り。

呼び出されて手術室へ。ドラマで見るような白い清潔感漂う壁と、何重にも重ねられたドアが印象的でした。

一つ前の更衣室で手術着?に着替えたんですが、健康診断でよく着るやつと一緒でした。もっと手術らしい緑っぽい薄着のやつかと思ってた。

手術室ではベッドに仰向けに寝かせられ、点滴や血圧測定器を装着。温められていた布団をかぶせられて寝不足は幸せの絶頂でした。

看護師の方は2人。恐らく20代の若くてかわいい看護師さんと、もう一人は僕と同い年ぐらいの看護師さん。何やら和気藹々と作業を進めておりました。

語尾や表現がところどころ異なりますが、同じと言って差し支えないでしょう。

 

手術終了後の描写

今度は手術終了後の描写です。

半分寝ていたからか、はたまた緊張で体に力が入っていたのか、立ち上がった直後は体に力が入らず、軽い立ち眩みを覚える状態。

お陰様で手術室から更衣室まで若くてかわいい看護師さんが肩に手を添え、腰に手を回しながら支えてくれたのでもっともたれかかればよかったもったいないあぁもったいない。

ちょっと心の声がだだ漏れになりましたが、更衣室に戻って時計を見ると10:25。大体一時間ほどで全ての処置が完了したことになります。はやい。

嫁が待合室で待っていてくれたのですが、待ってる側としては長かったみたいです。僕が寝てた上に良い思いしていた事は胸の中に閉まっておく事にします。
KOTOBAKO

桐崎栄二の話した内容は以下のとおり。

半分寝ていたからか、もう寝ていたからか、はたまた緊張で体に力が入っていたのか、立ち上がった直後は体に力が入らなくて、ほんと入らないんすよ。軽い立ち眩みを覚える状態。

お陰様で手術室から更衣室まで若くてかわいい看護師さんが肩に手を添え、腰に手を回して、腰に手を回すんすよ。支えてくれて、もっともたれかかればよかったもったいないな、まあもったいない。もうもっともっともっともたれかかればよかった。

ちょっと心の声がだだ漏れになりましたが、更衣室に戻って時計を見るともう11時。大体一時間ほどで全ての処置が完了したことになります。はやい。

母が待合室で待っていてくれたのですが、待っている側としてはなんかめっちゃ長かったみたいです。僕が寝ていた上に良い思いしていたことは胸の中に閉まっておくことにします。

こちらも嫁が母になっていたり、表現が過剰になっていたりするだけで、ほとんど同じ。
手術に言及した発言内容は、ここで比較した部分以外もほぼ同一で、偶然の一致とは到底考えられないレベルです。

 

サムネイル画像もパクリ

さらに動画内の発言内容だけではなく、サムネイルについてもパクリ疑惑が噴出。

トクトクのSmile☆Days」というブログに掲載されている写真と桐崎栄二のサムネイル画像が一致。
桐崎栄二のほうは、ブログの写真にモザイクをかけただけのようです。

かけぞうチャンネル

 

桐崎栄二は動画を非公開に

動画の公開後、数時間でパクリ疑惑が噴出。
視聴者からの指摘でブログの作者の「しむ」氏もこの事実を知り、「ひどすぎる」とツイートしました。

これを受けてか、桐崎栄二は動画を非公開に。
その後、現在に至るまでパクリ疑惑については一切言及していません。

 

桐崎栄二は本当に手術を受けたのか?

桐崎栄二は4月以降、動画内で体調不良だとたびたび言及。
5月3日には手術を受けると述べていました。
しかし、何の手術を受けたのかは語っていません。
また今回問題となった動画は、映像は真っ暗で、桐崎栄二が語る音声だけの動画となっています。

サムネイル写真も発言内容もパクリの可能性が濃厚となれば、はたして本当に手術を受けたのでしょうか。

桐崎栄二はこれまでも思わせぶりなタイトルや、ドッキリで視聴者を“釣る”手法を多用しており、それも含めてファンは楽しんでいたフシがありますが、さすがに今回のパクリには不快感を示す視聴者が多いようです。
ツイッターなどでは「現代版狼少年」という声も上がっています。

この問題を拡散させた「かけぞうチャンネル」は、「病気ネタで嘘を吐き、必死に書いたブログ記事を丸パクリした桐崎さんを許すことはできません」と批判。さらなる拡散を呼びかけています。

 

しむ氏は「公式コメントを」

当サイトの取材に対し、「しむ」氏は、盗用したのが日本の有数のYouTuberだと知ったときは「愕然とした」と語り、

今回取り上げられた話は手術に関するもので、非常にセンシティブなものです。もともと「同様の手術を行う事になり、不安が拭えない」という方の不安を少しでも和らげる事が出来ればと思い記事化したものです。少なくともこの様な形で利用される事を望んだものではありません。

と回答。
桐崎栄二本人や、所属事務所のUUUMから何も発信がないことについては、

無かったことにして事態の沈静化を待つのではなく、まずは盗用についての事実を認めて頂き、その上で釈明なり謝罪なり、公式なコメントを頂ければありがたいです。

と、桐崎側からの意思表明を求めています。

 

最新ニュース

もっと見る

ニュースアクセスランキング2019.05.19~

もっと見る