ジャスミンゆま、「レペゼン地球」DJ社長からのセクハラ被害を告発

2019年7月17日、「ジャスミンゆま」(登録者数10万人)が、「レペゼン地球」(登録者数182万人)の「DJ社長」が代表を務める事務所「Life Group(ライフグループ)」を脱退することを発表しました。

レペゼン地球がプロデュースしていた

今月5日、レペゼン地球のチバニャンのプロデュースを受けるにあたり、ライフグループへの所属を発表したジャスミン。
(関連記事「レペゼン地球、ジャスミンゆまのプロデュースを発表。チャンネル譲渡で登録者急減」)

ところが13日には「尊敬が嫌悪感に変わった」と、不穏なツイートをしていました。

今回の投稿では、DJ社長から深夜に何度もホテルに誘われていたことを告白したジャスミン。
LINEのスクリーンショットからは、DJ社長がジャスミンを執拗にホテルに誘い、電話も何度も掛けてきていることがわかります。

ツイート後、ファンから説明を求める声が殺到したため、ジャスミンは詳細を改めて投稿。

ジャスミンは数年前からDJ社長と交流があったようで、以前からたびたびライフグループへの加入を誘われていたようです。
ライフグループに所属することが発表されたのは7月ですが、実際には2月から所属していたとのこと。

ライフグループに入る前からセクハラじみた事をされており、入ってからさらに過激になっていき、ここ1~2ヶ月間は特にひどく、今回辞める事にしました。
パワハラの事を嫌と直接言えなかった私も悪いですが
事務所をやめたいとはちゃんと社長に言い続けていました。
しかし全く聞いてもらえず、辞めれそうになかったのでこういう方法で辞める形を取らせていただきました。

と、今回事務所を脱退するに至った原因はDJ社長からのセクハラ(パワハラ)行為であると語っています。

DJ社長は、7月22日に自身初のテレビ出演の予定。
(関連記事「レペゼン地球のDJ社長、7/22『しくじり先生』でテレビ初出演」)

20:16追記

DJ社長はパワハラを認める

DJ社長がパワハラを事実として認め、ファンに謝罪しました。

今回の件について「ジャスミンに対するパワハラの件は事実です。普段から応援してくださっているファンの皆様に本当に申し訳ないです」とコメントしている。
modelpress

7月18日18:20追記

妹尾ユウカ「擁護しようがない」

17日の夜、コラムニストの妹尾ユウカが、「パワハラに本当に悩んでいたし、DJ社長のことは擁護しようがないと思う。」と投稿。

LINEのスクリーンショットを公開し、ジャスミンから相談を受けていたことを明かしました。
スクリーンショットには「触られたりする時もあります..」というコメントもあり、セクハラ行為が言葉だけはなかったことがわかります。

7月18日19:48追記

DJ社長が謝罪動画を公開

DJ社長がパワハラ騒動について、謝罪動画を公開しました。
(関連記事「レペゼン地球 DJ社長がパワハラ騒動の謝罪動画を公開」)

7月20日19:45追記

パワハラ騒動はすべて演出

DJ社長が動画を公開し、今回の騒動がすべてプロモーションのための演出であったことを明らかにしました。
(関連記事「レペゼン地球のDJ社長のパワハラ騒動はすべて演出!」)