悪口禁止で窮地のシバター、“褒め殺し”で新境地開拓か

2019年7月25日、“物申す系”YouTuberの「シバター」(登録者数103万人)が「HIKAKINさんの動画って本当に面白いよね!」という動画を公開しました。

YouTubeが「炎上目的」や「侮辱的」な動画に対し、広告を付けられないよう措置をとっているため、“物申す系”のシバターのチャンネルでも、広告がつけられない動画が増えているようです。
(関連記事「シバターが引退宣言ーYouTubeの規約改定とは」)

「一生悪口は言わない」と宣言

これを受け、シバターは

私シバター、今後一切悪口は言いません。
もうね、一生言わない。悪口は。
なので、これからはね、YouTuberを褒めていこうかなと。

と宣言。

有名YouTuberを褒め殺し

まず取り上げたのは「ヒカキン」(登録者数751万人)。
シバターは、「ヒカキンさんは動画が面白い」として、

いろんなジャンルの動画をアップしていらっしゃって、特にお金を使う動画とか猫とか、バラエティに富んだ、いろんな様々なジャンルを作っていて

と褒めました。
一般的には、ヒカキンは最近、高額商品の購入や、飼い猫の動画に頼っていると批判されることがありますので、シバターは、一般的には批判されている点を褒めるという、“褒め殺し”作戦をとるようです。

ヒカキンの兄、「セイキン」(登録者数361万人)については、

弟の力は一切使わず、ここまで来たっていうのがすごい。
あと何よりね、顔がカッコいい

と褒めます。

はじめしゃちょー」(登録者数805万人)は

草食系でしょ。性欲とかって全然ないよね、きっとね。
あんなに草食系で爽やかな男ってなかなかいないよね。

と評価。
これは2017年にはじめしゃちょーが“三股疑惑”で炎上した際のことを揶揄しているのだと思われます。

水溜りボンド」(登録者数402万人)は、

2人のテンションの高さね。プロ意識を感じるわ。

ヒカル」(登録者数330万人)は

何より歌がうまい。歌がものすごいうまい。

ファッションセンスがすごい良いよね。
「バレンシアガ!」とか「グッチ!」って書いたね、服とか着てるでしょ。
やっぱね、ファッションセンスがないとああいう服を着こなせないよ。

ラファエル」(登録者数124万人)には

若いから肌がきれい

6月に同棲女性への傷害で逮捕された「ワタナベマホト」(登録者数265万人)には

凶暴性も男の魅力の一つだよね。
ちょっと荒々しいぐらいが男はカッコいいよ。

などと褒めました。

そした他にも何人ものYouTuberを褒め殺ししたシバター。
コメント欄では

新手の悪口でYouTube運営の裏をかくスタイル流石すぎて草

これだけYouTube運営を虚仮にするYouTuberを初めて見たw
これで無条件に運営からバンされたらレジェンド過ぎて大爆笑なんだけどなw

と規制を逆手にとったシバターを褒める声が寄せられていました。

規制強化に“引退宣言”までしていたシバターですが、どうやら新境地を開拓したようです。

 

最新ニュース

もっと見る

ニュースアクセスランキング2019.10.14~

もっと見る