難病の子に元気を!3000個のぬいぐるみをプレゼントするヒカキンに称賛

ヒカキン」(登録者数753万人)のプレゼント企画に称賛の声が寄せられています。

3000個のぬいぐるみをプレゼント

2019年8月2日、ヒカキンは「難病の子供たちに3000個ぬいぐるみを送ります!【ヒカキンTV】」を公開しました。

今年4月、節目となる40歳の誕生日を迎えたヒカキンは、今の自分にできることとして、3000個のぬいぐるみをプレゼントする企画を考案したようです。

この節目に、何か自分に今、出来る事はないかと考えた時に、このハチキン君ぬいぐるみを出来る限り、たくさん作って、難病の子達にプレゼントしたら少しでも元気になってもらえるんじゃないかと思って今回作りました。

難病の子どもたちにプレゼントするべく、「元気いっぱい」なオレンジ色の装いで作られたハチキン君ぬいぐるみ。
用意された3000個のぬいぐるみは、日本財団を通じて順次プレゼントされる予定となっています。

ぬいぐるみに元気のパワーを注入

しかし、ぬいぐるみをプレゼントするだけで終わらないのが“YouTuberの王”ヒカキン。
3000個のぬいぐるみの山に飛び込むと、へとへとになるまでぬいぐるみと戯れて「元気のパワー」を注入しました。

YouTube

ぬいぐるみに感動する子どものツイート

先月Twitterでは、ヒカキンのぬいぐるみをもらった子どもの喜び方がすごいと、とあるツイートが話題になりました。

企画を通して子どもを元気づけたいヒカキンにとって、この反応は強い味方となっています。

「子どもに喜ばれる」視聴者から感動の声

動画は3日14時までに90万回再生され、高評価4.5万、低評価2000、高評価率95.7%と非常に高く評価されています。
ヒカキンのプレゼント企画に対して、視聴者からは

「これだけ有名になっても、
優しさを忘れないで難病の子達に真剣に向き合うことができるのは本当にすごいと思う。尊敬します。」
「『僕のところにも届くかな?』と息子が言ってました。
息子の病院にも届きますように!」
「お金の方が喜ばれるとか言ってる人もいるけどそれで喜ぶのは親なんだよな
ちゃんと難病の子どもに喜ばれることしててすごい好きHIKAKIN」(動画コメント欄)

との感動の声が寄せられました。
特に難病の子どもやその親からの声が多数寄せられており、ヒカキンの行為が彼らを元気づけていることがうかがえます。

グッズ化を希望する声も

これまでにもハチキン君ぬいぐるみは、クレーンゲームの景品として、黄色やピンクといったカラーリングで登場していました。
オレンジ色という特別なカラーリングで作られたぬいぐるみに、ファンからはグッズ化を求める声が上がっていますが、動画を見る限りグッズとして販売される予定はなさそうです。

見方によっては、“限定カラー”のぬいぐるみが“特定”の人に贈られる形となる今回の企画。
プレゼントを求めるファンがトラブルを起こして水を差すような結果にはなってほしくないものです。

 

最新ニュース

もっと見る

ニュースアクセスランキング2019.08.11~

もっと見る