対戦相手もファンに。炎上万博で流血のMEGWINに再評価の声

パワハラ問題で炎上した「レペゼン地球」(登録者数196万人)のメンバーと、それぞれ炎上を経験してきたYouTuberらが殴り合いの死闘を繰り広げた“炎上万博”。
2019年8月13日、4人目の対戦者である「MEGWIN」(登録者数98万人)の試合が公開されました。
(関連記事「レペゼン地球、炎上YouTuberと格闘技対決する“炎上万博”の開催発表」)

MEGWIN、DJふぉいと熱戦

予定では、「銀太」とのマッチが組まれていたメグウィン。
ところが、前の試合で「DJふぉい」と対戦予定だった「へきトラハウス」(登録者数143万人)の元メンバー「カワグチジン」が会場に現れなかったため、急遽ふぉいと銀太との2連戦をすることとなりました。

まずは1戦目、「メグウィン」 VS.「 DJふぉい」。
試合開始のゴングが鳴るや否や、メグウィンはふぉいに突撃します。
カウンターを狙ったふぉいのパンチが顔面に入りますが、それをものともせずに掴みかかると、床に倒れこんで関節技を狙います。

YouTube

ふぉいの動きを封じようと奮闘するメグウィンですが、格闘やけんかに不慣れなせいでしょうか、思うように拘束できません。
隙をついたふぉいが拘束から逃れると攻守一転、メグウィンの顔面には重いパンチが浴びせられます。

YouTube

10発近いパンチが浴びせられたところで、レフェリーが間に入り試合をストップ。
第一ラウンド終了も待たず、DJふぉいの圧勝で試合は終わりました。
瞬殺されてしまったメグウィンですが、容赦ないパンチのダメージで顔から血を流していました。

流血を心配する出演者を尻目に、「2回戦行こうか!」と意気込むメグウィン。
YouTuberとしての貫録を見せつけますが、他の出演者からストップがかけられると、惜しみない拍手を背にリングを去りました。

まさかの骨折で入院する事態に

DJふぉいとの熱戦が公開された13日、メグウィンは自身のチャンネルで「【レペゼン地球】ふぉいとガチで殴りあったら顔面骨折!【炎上万博】」を公開しました。
流血沙汰となった試合の舞台裏が明かされています。

動画によると、メグウィンは鼻の骨が折れる重傷を負っていて、医師からは入院を勧められたようです。
公開されたレントゲン写真には、試合のダメージで骨折した鼻がしっかり映っています。

YouTube

レペゼン地球に「ありがとう」

レペゼン地球から招待されたイベントで、思わぬ大けがを負うこととなったメグウィン。
今回のの試合を「辛かった」「MEGWIN TV史上一番血が出たね」と振り返ったメグウィンですが、そんな試合を前向きに捉える様子も見せています。

自分の人生、新しい1ページを開いた感じがして、すごい楽しかった。
こういう機会を与えてくれて、(中略)本当に皆さんに感謝してます。

Twitterでも、レペゼン地球に対して「ありがとう」と感謝を述べています。


出演者の中では最年長となる42歳のYouTuberメグウィンも、死闘を通じて得られるものがあったようです。

炎上万博を機に登録者数急増

炎上万博でのメグウィンの戦いぶりは、視聴者の間でも話題となっています。

動画コメント欄では、

「メグウィン鼻折れてめちゃめちゃ痛いハズなのに次行こうか!とか大丈夫鼻血でただけだからとか言ってて見る目変わった」
「ナイスファイトでした!
レペゼン視聴者ですが、MEGWINさんの良さをしれた気がします。」
「鼻血出ただけ ってとこ周りに心配させない配慮 男だなって。 マジで見直した これからも頑張ってください。」(動画コメント欄)

と、メグウィンの雄姿に感動した視聴者からのコメントが多数寄せられました。
また、試合の様子が公開された13日にはチャンネル登録者数が1500人近く増えています。

 ふぉい、メグウィンのファンに

新たにメグウィンのファンになる人が続出していますが、対戦相手だったDJふぉいもまた、メグウィンのファンになった1人でした。

試合が公開された13日、「ヒカル」(登録者数337万人)の生配信に電話で出演したふぉいは、炎上万博でのメグウィンを、

純粋に、男として「この人カッコいい」ってなって。
名前しか聞いたことなかったくらいの感じだったんですけど、めちゃくちゃ尊敬したっすもんね。(中略)
まじでカッコよかったっす、あの人。すごかったっす。

とべた褒めしています。
ヒカルに「ファンになった?」と聞かれると、

いや、ファンっすよ!

と、笑いながら答えました。

昨年12月、「ふぁるこん」と「めてお」(「。ふぁるこんとめてお」、登録者数21万人)の脱退をめぐる騒動で、15万人もの登録者を失っていたメグウィン。
そこから回復できずにいましたが、これを機に再起を図ることができるでしょうか。

 

最新ニュース

もっと見る

ニュースアクセスランキング2019.10.12~

もっと見る