100万人達成目前のがーどまん、過激ドッキリは家の破壊にまでエスカレート

2019年8月21日現在、過激な“ドッキリ企画”で人気急上昇中の「がーどまん」(登録者98万人)が登録者100万人達成を目前に控えています。

2019年1月1日の時点では登録者は11万人程度でしたが、それから7カ月半で登録者を10倍近く増やしました。

ついに友人の家を破壊

これまでにチャンネルがーどまんでは、成人式を控えたメンバーのスーツを当日捨ててみたり、

メンバーの家のトイレに勝手に落書きをするなど、

さまざまな過激なドッキリ企画で人気を集めてきました。
最新の企画では、メンバー「MY」の実家を破壊するというもの。ついにドッキリも行きつくところまで来た感じがします。

 

YouTube

このようにハンマーで本当に家の壁を破壊しています。

壁を破壊し尽くしたところでMYが帰宅し、信じられない光景に唖然としながら、

お前ら一線超えたな

とがーどまんに激怒します。

対して、がーどまんは挑発的な態度を取りつつ、ふてぶてしく

俺はやってない

と主張。
しかしそれでもMYの怒りは収まりません。

さらには本人の前でハンマーで家の壁を叩くなど、火に油を注ぐような行為を続けながら動画が終わります。

友人の家を修復

翌日20日に公開された動画では、破壊した壁を自分たちで直します。

今度はMYが家を空けている内に、勝手に家を直してMYを驚かせようというドッキリ企画です。

MYの家を破壊して以後、鈍器を持ったMYが鬼の形相をして何度もがーどまんの家に訪れているとのこと。自分たちで家を直すことでMYに謝罪の意を示そうというものでした。

またがーどまんはMYの家を壊すのを手伝った山ちゃんに

かばうから、お前のこと。

と、一連の責任を一身に受け、山ちゃんに非はないことをMYに伝えると告げました。

ところがMYが帰宅すると、がーどまんは「俺はやってない」と言って、山ちゃんが壁を破壊している様子を撮影した動画をMYに見せ、彼に罪を着せようとします。早速彼の二枚舌が発揮されました。

YouTube

それを信じ込んだMYは(ほぼ無実の)山ちゃんに詰め寄ります。

そしてMYの視界の外では挑発的な態度を取るがーどまん。

YouTube

結局、MYに一方的に責められることになった山ちゃん。
また仲間だと思っていたがーどまんも彼を裏切り、MYと共に山ちゃんに「帰れ」など罵詈雑言を連呼し、カメラマンの山ちゃんが家を出て動画が終了します。

コメント欄では、

庇うどころか裏切りに裏切りまくってて草

がーどまん。そろそろ自覚持て。
お前は被害を受けて初めて輝くんや。
そろそろ地獄に落ちる時間やで

と、調子のいいがーどまんが、いつか痛い目にあうのを希望する視聴者のコメントが多く寄せられました。

また、次回予告では“MY反撃開始”とあります。一体何が起こるのでしょうか。このドッキリ企画はまだまだ続きがあるようです。

 

相変わらず人気な“過激ドッキリ”

過激なドッキリ企画というものは今も昔も人を惹きつける魅力があります。
最近登録者100万人を達成した「カルマ」(登録者100万人)も同じく過激なドッキリ企画で人気を集めました。
(関連記事「カルマ、夏休みに登録者が25万人急増。100万人達成も目前」)
有名になると企画の内容が丸くなるYouTuberも多いですが、100万人達成を目前にしても、丸くなるどころか過激さを増すチャンネルがーどまん。
今後も過激なスタイルが変わりそうにはありません。

 

最新ニュース

もっと見る

ニュースアクセスランキング2019.09.11~

もっと見る