すしらーめんりく、海外人気で登録者数50万人増やす

SUSHI RAMEN【Riku】」(登録者数309万人)が海外で人気のようです。

本人のTwitterによると、

登録者数が7月中旬から急増。300万人を突破。

グラフを見ると、チャンネル登録者数は7月中旬から急増しているのが分かります。7月29日には300万人の大台を突破しています。

7月の登録者ランキングは2位

急増を受けて、7月の月間登録者数ランキングは52万人で全体の2位となっています。(1位は70万人のキッズライン)

チャンネルBANからメインチャンネルを移行し、1億円プレゼント企画を発表した3位の「レペゼン地球」に10万人以上の差をつけています。

「すしらーめんりく」は6月15日に活動休止を発表しており、7月中旬まで新しい動画は一切アップされていませんでした。

当初、休止開けは「早ければ夏休みくらいまで」としていましたが、
急増を受けてか、夏休みに入ってすぐ21日に新しい動画をアップしています。

海外受けするやってみた動画

特に海外で人気があるのが、巨大扇風機の動画。
コメントの9割以上は日本語以外の言語で埋め尽くされています。

「すしらーめんりく」は、4月17日にチャンネル名を日本語の「すしらーめん【りく】」から英語の「SUSHI RAMEN【Riku】」に変更しています。

「ユーの名前がリード出来ないから検索出来ないんじゃねーのyo?」でした!
このお異国のお国の似たようなおメールを減らし、お枕をお高くしてぐっすりと眠る為にはそのご要望に答えればならないので名前を英語表記に変えました。
公式ブログ

チャンネル名変更も効果があったものと思われます。

「登録者購入」は無い

登録者数が急増すると、判で押したように「登録者を買ったのではないか」という噂が流れます。

掲示板サイトでは、「活動休止中にも関わらず、登録者が急増したことが不可解」などと疑惑を指摘する声がありますが、登録者を買ったなどということは無いでしょう。

Googleの検索数も登録者増加のタイミングで増えている

Googleでの検索ボリューム推移を調べられる「Googleトレンド」では、
英語の「sushi ramen riku」の検索数が、7月に入って急増していることが分かります。

7月19日にピークを迎えた後、下がっていますが、急増前と比べると非常に高い水準をキープしています。

登録者の増加とGoogleトレンドが連動するような動きをしていますので、
登録者購入というようなことは無いと断言できます。

地域別の検索動向は以下の通り。
シンガポールで特に人気が高いようです。

海外にも通じる分かりやすい動画で人気の「すしらーめんりく」。
このまま順調に増えていけば、「SeikinTV」(318万人)、「水溜りボンド」(321万人)、「東海オンエア」(340万人)を抜く日も近いかもしれません。