サンシャイン池崎がネコとYouTuberデビュー。
収益は全額寄付

「空前絶後の~」などのハイテンション芸でおなじみのお笑い芸人「サンシャイン池崎」が、YouTubeチャンネルを開設しました。

ネコが主役のチャンネル

8月29日、サンシャイン池崎は「収益を全額○○!?空前絶後の最強のねこチャンネル開設!」を投稿し、YouTuberデビューを果たしました。

動画には、白と黒の毛並みの「ふうちゃん(風神)」と、白と茶色の「らいちゃん(雷神)」の2匹のネコが登場。
昨年7月に池崎が動物保護活動を行うNPO法人「猫の森」から引き取ったネコで、この2匹のネコの“悪口”をつぶやくTwitterの裏アカウントは45万人のフォロワーを獲得する人気となっています。
YouTubeチャンネルの主役もネコで、チャンネル名は2匹の名前から「ふうちゃんらいちゃんねる」(登録者数5.5万人)となっています。

はじめての動画ということで、チャンネル名を噛んだり、スタッフとセリフをかぶせてしまうなど初々しさを見せた池崎ですが、「この世で最強のねこチャンネルを目指す」との意気込みも語っています。
今後は、YouTubeの動画らしく様々な企画に挑戦したり、2匹のネコの様子を映した動画や、視聴者から募集したネコの動画を紹介すると話しています。

収益は動物保護団体に寄付

チャンネルの収益について池崎は、

YouTube、再生回数とかに応じて広告収入とか入りますけど、これを全部チャリティー(寄付)するチャンネルにしようと思います!

と、動画制作の経費と税金分を除き、チャンネルの収益をすべて動物保護団体に寄付することを発表しています。

2匹を引き取ったことをきっかけに、猫の森でのボランティア活動にも参加するようになった池崎。


施設でのボランティア活動を通じて、

お金が絶対必要。
砂代とか、家や場所を借りる代金とか。とにかくいろいろお金かかるんで、助けにちょっとでもなれらばなと。

と、動物保護の現場はお金がかかることを実感し、何とか力になれないかと考えた池崎が選んだのがYouTubeだったようです。

池崎の広告収入の使い道に、視聴者からは

「本当に人間として立派です。あなたみたいな人間になりたい。心から応援してます!」
「さすが本当に良い奴サンシャイン池崎さん
猫も池崎さんも大好きなんで登録させて頂きました」
「心の優しい方ですね。
全額寄付ってなかなかできないことですよ!
応援してます!😀」

と、惜しみない称賛の声が寄せられています。
動画は31日までに16万回再生されていますが、高評価1.4万に低評価75、高評価率も99%越えとなっています。