女優・安達祐実のメイク動画が1日で驚きの100万再生超え

2019年9月20日、美容雑誌「VOCE」の公式チャンネル「VOCEchannel」(登録者6.9万人)が、「【安達祐実】セルフメイク動画を大公開!【スキンケア~メイクまで愛用コスメも紹介】」という動画を投稿しました。

9月23日現在で177万回再生と、当チャンネル内でも飛びぬけて人気の動画となっています。

奇跡の童顔女優

1994年の日本テレビのドラマ「家なき子」で一躍有名となった安達祐実。
同情するなら金をくれ!」というセリフは誰もが耳にしたことがあるでしょう。
当時から25年が経ち、今年で38歳となる彼女ですが、その年齢を感じさせない美貌により、“奇跡の童顔女優”として人気は衰えません。
彼女はInstagramでも活動を行っております。

 

この投稿をInstagramで見る

 

💛💛💛 #通りがかりで #花火があるって聞いて #ちょっと待ってみたら #綺麗すぎておどろいた

安達祐実さん(@_yumi_adachi)がシェアした投稿 –

「本当にアラフォーなの?」と驚くような写真も多いはず。

セルフメイク

すっぴん姿でカメラ前に現れた安達祐実。
これから彼女なりのスキンケア&セルフメイクをやっていきます。

①はじめに洗顔です。メイクをしていた場合はメイク落としからやっていきます。
コットンに拭き取り化粧水を少し馴染ませ、拭いていきます。

(肌が)アルコールに弱いので、アルコールフリーのものを使っています

とのこと。

②次は化粧水。無印良品のものを愛用しているそうです。これも敏感肌用のものをチョイスしています。
手に化粧水を取り、肌に馴染ませます。これを3回ほど繰り返します。

③次はファンデーション。手に1円玉ほど付け、薄く延ばすように顔に塗っていきます。
スポンジは使わず、あまり多くは塗らないのがポイントとのこと。

YouTube

髪をかき上げることも多いので、生え際まで丁寧に塗っていきます。

④次はお粉。パール入りのものがお気に入りなのだそう。
パフの上にかけ、それをブラシで取り、顔の上から振りかけていきます。

⑤コンシーラーかチーク。この順番は気分によって変えるそう。
コンシーラーを少し取り、にきび跡など気になるところに細ペンで塗っていきます。塗りおわったら、ペンの後ろでぼかして周りと馴染ませます。
チークは、メインはピンク系ですが、青みがあるものも好みだそうです。
頬の高いところにブラシで濃い目の色で塗り、その周りを少し薄い色のチークでぼかすように塗っていきます。

結構横一直線で塗るのが好きなんですよね… 鼻のわきくらいから

と話しています。

⑥次はパウダー。
コンシーラーをしたところ、Tゾーン(額、鼻、顎あご先をつないだ T 字形の区域)など、光がほしいところを中心にハイライトのパウダーを塗っていきます。

⑦次は眉毛を書いていきます。
「濃い目の眉毛を持っているから」ということで、眉マスカラから塗っていき少しぼかしていきます。

なんか、喋りながらメイクするのって難しいですね…

とつぶやいています。
そしてもう少し足したいなと思うところはペンシルで書き足していきます。

⑦お次は目の周り。
アイシャドウを指で塗っていきます。「目頭薄くて、目尻濃いほうが好きだから」と、先ほど塗ったアイシャドウと同系色のものを目尻に濃く塗ります。
それが終わったら、ビューラーでまつ毛を上げていきます。
昔はかなり強めにまつ毛を引っ張っていたらしく、良くまつ毛が抜けてしまっていたそう。すべてのまつ毛がちゃんと上がっていないと気になる性格らしく、小さなビューラーで目尻のまつ毛もしっかりと上げていきます。
普段はアイラインもマスカラもしないそうですが、

最近はオレンジのマスカラを下まつ毛だけに入れるのが好き

とのこと。ちょっとしたことですが印象が変わりますし、彼女のメイクに対するこだわりが伝わってきます。

⑧最後にリップ。ファンデーションが残っていたりするらしいので、リップを塗る前にタオルで拭いておきます。

濃いのが好きだったんだけど、最近はナチュラルなのが好きで

と、ピンクのリップにはまっている様子。
そのあと、グロスを塗り、メイク完成です!

YouTube

ある意味「参考にならない」

メイク後はもちろん、メイク前も相変わらず美人な安達祐実。

動画の最後に「良かったら参考にしてみてください」と発言していますが、コメント欄では

同情するなら顔をくれ!

旦那さんが毎日写真撮る気持ちがすごくわかる。

え?サムネすっぴん?
化粧必要ない顔に生まれたかった。

と、ある意味「参考にならない」と彼女の美貌を絶賛する声が多く寄せられました。
この動画の高評価率は98.8%と物凄く高いです。
美しくも可愛いという唯一無二の存在・安達祐実。これからもますます人気は上がりそうです。