きまぐれクックとインパルス堤下、得意の魚料理で対決!結果は…?

料理系YouTuberとして200万人以上の登録者数を誇る「きまぐれクック」(登録者数242万人)の金子と、同じく料理系YouTuberとして2019年8月にデビューしたインパルスの堤下敦(「堤下食堂」同16万人)の2人が、得意の魚を使った料理対決を行いました。

カジサック、料理対決を企画

2019年9月21日、キングコングの梶原雄太のチャンネル「カジサック」(同133万人)が「【堤下VSきまぐれクック 】ガチンコ料理対決!」を投稿しました。

カジサックのチャンネルでは珍しい料理動画となった今回の動画は、以前投稿されたコーナー「料理の鉄みした人し」の続編となっているようです。
前回は梶原の妻「ヨメサック」と、堤下食堂として料理系YouTuberデビューした堤下が対戦、堤下が勝利しました。
そして今回、新たな挑戦者としてきまぐれクックの金子が呼ばれたようです。

かつて放送されていたバラエティ番組「はねトび」をよく見ていたと話す金子は、番組に出ていた梶原や堤下との共演に「不思議な感じです」との感想を述べました。
肝心の料理対決については、「負けには来てないですわ」との意気込みます。

一方の堤下は、きまぐれクックの動画をよく見ており、ヨメサックより手ごわさを感じているとコメント。
対決に際して料理の試作を何度も行ったと話しており、入念な準備をしてきたことがうかがえます。

調理風景も見ごたえあり

対決のための食材として、2人がよく扱う魚の中でも、料理の腕が問われる食材である「いわし」を用意したカジサック。
小ぶりな見た目に反して、骨や内臓、臭みの処理と様々なことが要求される食材で、対決にふさわしい食材といえます。

料理系YouTuberとして名高いだけあって、金子はいわしのさばき方のコツなどをレクチャーしつつ調理を進めていきます。
大物YouTuberの調理風景ということで、撮影していた「ヤスタケ」は「この距離で見るというのはなかなかないと思いますので、楽しく撮影させてもらってます」と楽しげな様子。

堤下も、料理風景を撮影していた「トンボ」の手際の悪さに苦しめられつつも、バラエティ番組で培ったトーク力で小粋なネタを連発しながら料理を進めていきます。
それぞれの方法で動画映えを意識しており、非常に見ごたえのある調理風景となっていました。

料理系YouTuberの性?相手が気になる2人

調理中、自身の料理に集中しつつも、相手の料理をちらちらとのぞき込む金子と堤下。
カメラに向かってしきりに「相手の料理が見たい」とも話しており、料理系YouTuberらしい一面を見せました。
また、気まぐれクックの動画をよく見ると話す堤下ですが、

(堤下)金子さんのチャンネルもめっちゃ手間かかる。
見てる方はパパッと見れるけど、あの間の下処理とか掃除とか、そこを分かっていただきたい。
(金子)そうそう、そこなんですよ。

と、同じく料理動画を投稿する者同士、共感する一幕もありました。

審査員にも大物ゲスト

今回、2人の料理の審査員としてゲストに呼ばれたのは、料理研究家としてテレビにも出演している「森崎友紀」。
このことは対決していた2人も知らなかったようで、金子も普段の動画とはうって変わって緊張した様子を見せました。

まず審査員に出されたのは、金子が作った「いわしのつみれ汁」。
お椀を持つなり「いい香り」と評価した森崎氏は、肝心ないわしのつみれも「臭みとかなくて、素材の良さがダイレクトに伝わってくる」とコメント。
調理中、いわしの臭みをしきりに気にしていた金子の配慮を存分に感じられる一品であったようです。

YouTube

対する堤下が用意したのは「いわしのパスタ」。
梅に塩昆布、かつおぶしといった調味料に加え、いわしのソテーのちょっとした焦げなど様々な“旨味”で味付けされたパスタに、森崎氏は「なんてことないパスタのようで、かなり計算されてる」と大絶賛しました。

YouTube</a

料理対決を制したのは堤下

最終的に料理対決を制したのは、いわしのパスタを用意した堤下でした。

「少ない材料で誰でも作れる」をコンセプトに家庭料理にこだわった金子ですが、それゆえ特徴の少ない1品に仕上がってしまったのも事実で、金子自身「オーソドックス」だったと振り返りました。

勝利した堤下は「チャンネルをやらせてもらっている以上、料理で負けたくないっていうのはあった」と安堵しつつ、「つみれ汁、ほんと美味しかったです」と金子の料理を絶賛。
最後は2人で握手して対決を終えました。

金子「リベンジしたい」

今回は惜しくも敗れた金子ですが、「リベンジしたい」と次に向けて意気込む様子も見せており、次回対戦の際は自身の得意とする「ふぐ」で対戦したいとも話しました。
視聴者からも、

「お料理はどっちも美味しそうです!!また再戦お願いします^^」
「魚とかだと鮮度結構重要なんで食材選びから料理人サイドにしてもらうのはどうでしょう?」
「いつか谷やんも絶対に出ると思う人ーー!!?」

と、金子との再戦や他のYouTuberとの対決を望む声が上がっています。

カジサックも堤下の料理対決を「鉄みした人し」としてコーナー化する考えも見せており、今後もYouTuber同士の料理対決が行われるかもしれません。