VALU炎上から1年、ヒカルが完全復活

2017年8月の「VALU炎上事件」から1年、「ヒカル」の完全復活が間近となっています。

「ヒカル」は100万人到達最速記録を持つ

「ヒカル」は2016年3月にチャンネル開設し、1年経たずに登録者数は100万人に到達(100万人達成の最速記録)。
テキ屋のくじ引きの大量購入や、競馬で1000万円を賭けるなどの攻めた企画で人気を得、
2017年8月17日には登録者数が269万人、ランキングも7位にまで上昇しました。

VALU炎上で登録者が50万人減少

同時期、疑似株式サービス「VALU」での炎上事件が発生。
テレビや週刊誌で取り上げられるなど、大規模な炎上騒ぎとなりました。

さらに8月末には掲示板サイトで「解除祭り」が呼びかけられ、
1日で登録者数が9万人減少しています。
一連の騒動を受け、「ヒカル」は謝罪動画を発表、所属事務所のNextStageは解散、YouTube活動も3ヶ月間休止しました。

その後も登録者数は減り続け、11月中旬に約219万人まで減少。
ピーク時から50万人登録者を減らす結果となりました。

登録者は98%まで回復

休止活動後は地道に動画をアップロードを再開。

月間登録者数ランキングは、休止期間中5647位まで落ちていましたが、
3月 421位
4月 356位
5月 131位
6月 124位
7月 43位
8月 34位(現時点)

と着実に上昇してきています。

登録者数は265万人にまで回復、ピーク時の登録者数に対して98%、あと4万人まで迫っています。

■ヒカルの登録者・再生回数推移

「ヒカル」は先月「マホト」との確執と和解をネタにした動画をアップしたのを皮切りに、
「シバター」「怪盗PINKY」「レペゼン地球」「カズチャンネル」「キングコング梶原」と次々にコラボ企画をアップ。

YouTubeが1年で最も盛り上がるのは夏休み。
この時期に合わせて仕掛けていることは間違いないでしょう。
やり手の「ヒカル」、このまま完全復活となるか。