ラファエル、ポケモンGOプレイヤーを馬鹿にした動画が炎上

ラファエル」(登録者数135万人)が投稿した動画が、低評価率60.2%の炎上となっています。

ラファエルが後輩の企画を紹介

2019年9月29日、ラファエルは「ポケモンGOやってる人に強くして何の意味があるのか聞いてみた【ラファエル】」を投稿しました。

後輩YouTuberが持ちこんだ動画を、ラファエルと「イーサン」「エル」の3人が紹介する“後輩YouTuberに大人気”なシリーズ。
第3回目となる今回では、「スモーキングチキン」(登録者数1.2万人)の持ってきた「ポケモンGOやってる人に、強くして何になるのか聞いてみた」を紹介するようです。

プレイヤーからは「思った通り」の反応が

ポケモンGOのプレイヤーに取材すべく渋谷にやってきた、スモーキングチキンの「せり」と「じんじん」。
街中でポケモンGOをプレイしている人に対してインタビューをして、ある程度話が進んだところで「強くして何になるのか」の質問をぶつけます。

プレイヤーからは、「1番になって有名になりたい」「友達より強くなって優越感を感じたい」といった答えだったり、答えに詰まって苛立つ、という反応が返ってきました。
最終的に、「思った通りだった」「微妙な反応する人が多かった」として、2人はインタビューを終えました。

企画とはいえ失礼な発言を連発

タイトルからしてすでに、プレイヤーの反感を買いそうなこの企画。
オープニングでも、スモーキングチキンの2人は「最近(ポケモンGOは)流行ってないと思うけど、俺は」「やってるところに行ったらやってる」と失礼な発言を繰り返していました。

ラファエルも、企画を「(プレイヤーを)バカにしてる」と面白がったり、インタビューで「ポケモンマスター(アニメ「ポケットモンスター」の主人公のサトシが口にする言葉)になるのが夢」と話す男性に対して、

めっちゃオモんないなこいつの人生。こいつの人生めっちゃオモんないやん。

と辛口コメントをするシーンもありました。

あくまでコメディ、とするラファエル

ラファエルは投稿する動画のほとんどに、「※この動画に関する注意事項と説明」として

この動画で表現されている過激な表現や言葉は台本があり登場人物は全てエキストラです。
企画に基づいたコメディーなので内容を真に受けないで下さい

と書いており、本動画もあくまでコメディの1種だとしています。

しかしながら、動画を不快に感じた視聴者も少なからずいるようで、

「質問の意図がよくわからない企画ですね」
「てめぇーもいい歳して女遊びしとるやんか。」
「ポケGOやってなくても低評価押すでしょ笑」

といったコメントが寄せられました。
また、動画は10月1日17時までに22万回再生されていますが、高評価3,100に低評価4,700、低評価率60.2%と炎上しています。

このシリーズでは、9月26日に「ごじゃゴレン」(登録者数1.9万人)が講演で昼寝をしている人にインタビューした「公園の芝生で昼寝してる人に今何考えてるんですか?と聞いてみた【ラファエル】」を投稿した際も、低評価率27.5%という記録となっています。
ラファエルには、後輩YouTuberが持ってきたコメディであればちょっと失礼な企画でも大丈夫だろうという考えがあるのかもしれませんが、視聴者からの反応はいまいちのようです。