MEGWINとファルコン・メテオが“和解”。
10カ月続いた騒動は終わるのか?

会社の士気を下げる活動をした

3:49:51~)
メグウィンは元社員から聞いた話として、2人が「こんな会社じゃやべえ」と社員に流布し、「バックがあるから一緒に来いよ」などと引き抜き工作を行ったと主張。

これにファルコンは語気を強め「逆です」と断言。
「2018年10月に部長の稲垣君から食事に誘われた」として「MEGWIN TVを辞めることを誘われ、3人でYouTubeやってくことを決めました」「2019年4月に退職することを話し合った」と言います。
メテオは、「引き抜きはしてないし、そのメリットもない」とし、「みんな辞めたがってました」と話します。

ファルコンが

我々が退社をすることになって、みんなに挨拶するときに、「俺も辞めようかな」と言っていた社員に「僕らがもしちゃんとやっていけるようなら一緒にやろう」って言ったのは事実です

と話すと、これをメグウィンは引き抜きだと主張。
ファルコンはこの発言は冗談だとして、ここでも議論は平行線となります。

ファルコンがやる気をなくす

4:07:17~)
メグウィンが「人として扱ってもらえなかった」と話したことについて話題が及ぶと、ファルコンはうなだれて「もういいかなと思っちゃって」と言い、やる気をなくしてしまいます。

YouTube

ここに至ってメグウィンは、今回の話は「視聴者に納得してもらって未来に進む会」であり、「俺とじゃなねえ」と切り出します。

(メグウィン)何でお前、ずっと自分の自分の自分の悪くない悪くない悪くない、全部水に流してんだよ俺は最初から。
いいんだよ君たちの主張とか。
これはやってません。これは違いますとか。
誰も気にしてないよそんなこと。
ずっと分かってないけどさ、
(メテオ)やってもいないことを、言ってもいないことを一方的に言われて・・・
(メグウィン)一方的じゃねえだろっつうの。
お前らが最初に俺のことやったの。
何が一方的ってんだ。お前らがやんなかったら1回もやんなかったぞこんなこと。
お前らが出しちゃったんだろ動画。
こんな動画出さなかったら何もなかったんだから。
なんかずっと自分の正当性を主張してるけど、
(メテオ)僕らの言ったことは事実として出したわけで
(メグウィン)お前ら、落とし前とんなくて言いっつってんだぞ俺は。
全部許すって言ってんだぞ。

メグウィンは、2人のするべきことは「視聴者にどんだけ謝るかだ」と言います。
そして「助けに来たんだぞ今日」と言うメグウィン。
和解の申し出は、炎上状態が続く2人への助け舟だったことを明かしますが、それでもメテオは弁明の言葉を述べます。

話が通じない両者

メグウィンは、メテオの態度にしびれを切らしたのか、ファルコンに

今度こそ止めろよ。
殺すぞっていう前に止めろよ

と水を向けます。
しかしファルコンは

(メテオは)あれから学習して、そういうことはまったくやってません

と返します。

(メグウィン)それじゃなくって、今さ、
(ファルコン)今?
(メグウィン)今、やめない?
(ファルコン)何?

とまったく意図が伝わりません。

メグウィンは話し合いを切り上げて、視聴者に対して今後どうしていくのかを宣言して動画を締めることを提案。
このままやり取りを繰り返しても「みんな(視聴者)の心象を下げるだけだぞ」と諭します。

視聴者が納得すれば全部終わる

メグウィンは「自分と2人の主張が合わず、ストレスを感じて辞めたのかもしれない」としつつも、

それも人生じゃないか。
1個の会社にずっといるっていうほうが少ないんだから。
別に、普通のことじゃないか。
ただ、君たちが普通と違うのは1個やっちゃっただけなんだって(中略)あなたずっと後悔してんでしょ?

これにメテオはうなずきます。
メグウィンは過去にとらわれるべきではない言い、

俺は「もういい」って言ってんだぞ。
あとは視聴者が納得してれれば全部終わるんだよ

メテオは無言でうなずきますが、ファルコンは首をかしげて「何を言ってるかわかんないです」と発言。

これにメグウィンは「じゃあもうやめよう」と話し合いを切り上げようとしますが、
メテオが「次に進む話を」と言い、話し合いは継続することに。

和解が成立

メテオは、「どんどん会社が大きくなって忙しくなった」ことで、「メグウィンと話す機会がなくなっていった、もっと話せばよかった」と心境を吐露。
メグウィンは「爆弾全部爆発させたからもうないもんね」と言い、ファルコンも「僕はもう言い切った」として、

(ファルコン)メグウィンさんがよろしければ、和解というかたちで
(メグウィン)これが和解と言えるんだったら俺ら和解したよ

とここで3人の中で和解が成立しました。

スパチャについて

4:22:19~)
メグウィンは「一番気になってるのは金のこと」と言い、2人が12月の生放送で170万円ものスパチャを送られたことに言及します。
メグウィンは、「ありがとうございましたじゃあ(視聴者は)満足行かない」として、スパチャを何かに使うべきだと勧めます。

ファルコンは「あのとき応援していただいたことが心の糧になってる」、「何があっても動画は死ぬまでやっていこうと思ってるので、よければ死ぬまで見ていただけたらなと思います」と言い、メテオは鼻をすすりながら、「お金がなくて動画活動が続けていけないと思っていたのは事実」としながらも「ほぼ無一文という発言は多くの誤解を生んだ」として「慎重に言葉を選ぶべきだった」と反省の弁を述べました。

メグウィンは「よし」と行って立ち上がり、
2人の間に座って肩に手を置くと、「いいんだよ」「しょうがないよ」と声をかけ、「ちなみに俺はお前らの何十倍かお金ロスってんだけどね」と笑います。
そして「もう1回取り返せばいいんだよ。もう1回取り返そう」「60歳までは辞めんなよ」などと言葉をかけます。
ファルコンは「ずっと我慢してたから」と顔を押さえて涙を流しました。

メグウィンは最後に視聴者に対して、「お前らもうやめろよほんとに。頼むからな」「もうイジメんなよ」と呼びかけて動画を終わりました。

1 2 3 4