ヒカルのマネージャー高橋氏にインタビュー。
新会社GuildがYouTuberにもたらすものとは?

YouTuberの大手事務所「VAZ」の元副社長で、「ヒカル」(登録者数348万人)のマネージャーを務める高橋将一氏が「株式会社Guild(ギルド)」を立ち上げました。

ユーチュラでは高橋氏に単独インタビューを行い、ギルドの構想やYouTuberに向けたメッセージを聞きました。

“エージェント型”のギルド

ギルドは、YouTuberなどのクリエイターをサポートする会社で、“プロダクション型”ではなく“エージェント型”であることが大きな特徴です。
プロダクション型ではクリエイターは事務所に所属してマネージメントを受けながら、収益は一定の割合で事務所とクリエイターで分配するのが一般的。
高橋氏は、YouTuberはタレントでありプロデューサーでもあり、事務所がマネージメントできることが少ないにもかかわらず高額なマージンを取っていることが問題だとして、仕事ごとにクリエイターをサポートする“エージェント型”のサービスを提供するギルドを立ち上げました。

クリエイターに対して初めて「サービスが良い」と言える会社

高橋氏はプロダクション型では、クリエイターが所属するメリットが有名クリエイターとのコラボなど、非常に限定的だとして、
ギルドは

この業界で初めてクリエイターに対して「サービスが良い」って思いっきりうたえる会社だと思ってるんです

と自信をのぞかせます。

エージェント型では、クリエイターが代理店などと直接取引することが可能なため、

代理店は代理店で儲かる価格設定ができ、クリエイターはプロダクションに(収益を)抜かれない価格で提供できる

というメリットがあるとのこと。

またギルドは「チャンネル運営側の目線がある会社」であり、構成作家をチームに加えるなど、動画の質を良くすることで「YouTubeのチャンネル自体を伸ばせる」と強調します。

“良い動画”を出すためのチーム

たとえば、企業から予算500万円でコーヒーをアピールしてほしいという依頼があった場合、
これまではその500万円で「このコーヒーおいしいです」という動画を作るのが一般的。
しかし「動画としては面白くなくなる」と高橋氏は語ります。
その結果、再生数が稼げず、チャンネルの評判も落ちてしまうという問題が起きてしまいます。

加えて、プロダクション型ではビジネスの特性上、手間のかかる案件は避ける傾向があるのこと。

高橋氏は、

僕の発想としては、同じ500万円なら、そのうちの400万円で有名女優をキャスティングして、一緒にコーヒーを飲む動画を出して、YouTuberは残りの100万円をもらえるほうが、絶対そっちのほうがいい訳ですよ。

と語ります。

高橋氏によると、目先の利益が減っても質の高い動画を出せる方が良いと考えるYouTuberが多く、YouTuberと企業にとって「win-winの関係」が築けると言います。

YouTubeの運営は「小さなテレビ局」

高橋氏は、YouTubeの運営を「小さなテレビ局」に例えます。

YouTubeとテレビの違いは、プロデューサーもタレントもクリエイターがやるということ。
「局」として自分達が関わる方がマッチングしやすいと思った

さらに高橋氏は「メディアはビジネスモデルの変わり目に来ている」と言い、YouTubeのような

スマホで見るコンテンツに対してPRできることは凄い価値がある

と主張します。

ヒカルは1クリエイターとしての関わり

ギルドは、代表で「ギルドマスター」を名乗る高橋氏に加え、2ちゃんねるの創設者の「ひろゆき」(登録者数10万人)やガジェット通信の「ひげおやじ」(同4万人)などが取締役に名を連ねています。

高橋氏がマネージャーを務めるヒカルとの関わりはないのでしょうか?

高橋氏によると、ギルドの構想は、ヒカルの会社で取締役も務めていた高橋氏が

コストをかけずにYouTubeの品質をどう上げていくか

に試行錯誤する中で着想したものであり、そこで「作り上げてきたものをパッケージ化したサービス」とのことです。

しかし現在では、ヒカルはあくまでも1クリエイターとしてギルドに関わっているとのこと。

特別優遇してるわけではなく、1クリエイターとしてヒカルさんの要望に合わせて俺たちは動く。

ギルドの経営にもヒカルはノータッチだと説明しました。
 

次ページは「思ったことを言わない日本人」

1 2