嵐の新曲「Turning Up」の英語歌詞を日系アメリカ人YouTuberが分析

嵐の新曲の英語歌詞を、マルチリンガルなアーティスト「井上ジョー」(登録者数24万人)がレビューしました。

嵐の新曲、3日で500万回再生

2019年11月3日に生配信を行い、最大78万人の同時視聴数を記録した「」(登録者数224万人)。
その日21時からプレミア公開されたMVも、嵐のメンバーと共に、最大51万人の視聴者が同時に視聴しました。
(関連記事「『嵐』初のYouTube生配信は同時視聴78万人で日本記録」)

このMVは公開後から急上昇ランキングにランクインし続けており、11月6日14時までに588万回再生されています。

アメリカ人視点で英語歌詞をレビュー

2019年11月4日、井上ジョーが「嵐の “Turning Up” の英語の発音について!アメリカ人が語る!」を投稿しました。

井上ジョーとはアメリカ生まれのミュージシャンで、日本語や英語をはじめとして多数の言語を話すことができ、マルチリンガルな歌詞の作詞なども行っています。
『NARUTO-ナルト-疾風伝』のオープニングテーマ曲「CLOSER」で知られ、関ジャニ∞の「レスキューレスキュー」や、私立恵比寿中学の「CHAN-CHARA-CHAN」といった楽曲提供も手掛けています。

そんなジョーが今回、日系アメリカ人アーティストという立場から、嵐の英語歌詞やメンバーの発音、MVの出来などをレビューしました。

分かりにくい英語歌詞を解説

正確な歌詞がまだ公表されておらず、英語歌詞を知らないファンもまだ多数いる嵐の新曲。

そんな中でジョーは、日本人には分かりにくい英語歌詞のセンスを解説しています。

“moves baby, moves baby” ってとこあるじゃないですか。
ここ「動けよベイビー」って言ってると思うじゃないですか。でも違うんですよ。

“moves”で、最後に“s”ついてるじゃないですか。
“moves”ってことは、動詞じゃなくて、自分の持ってる動き、ダンスのスキルってことになる。
「君ダンスうまいね」「いい動きもってるね」ってことになる。

ただ聞くだけでは分かりにくい英語歌詞も、英語に造形の深い人物からのビューを聞けば、すんなりと理解できる気がします。

嵐の発音を大絶賛

また、アメリカ人視点で嵐の英語の発音についてもレビューしましたが、

サビの“We got that something, your guilty pleasure”。
ここほぼ全部、現地の人が聞いても分かりますね。

“Here comes weekend…”ってある、松潤さん、すごく発音いいです。

と、全体にわたってメンバーを絶賛しています。

作詞者目線で辛口評価も?

曲を絶賛していたジョーですが、動画の中では「自分ならこうしたい」という指摘点も上げています。

ひとつ、さらによく出来るんじゃないかなって思うところがあるとすれば、“Turning up”のところの発音を、僕だったら“g”を強調するかな、と思う。
“Turn it up”に聞こえちゃうんですよ、“g”を強調しないと。

大事なのは「踊りたくなるかどうか」

この曲を包括してジョーは、「すごくインターナショナルな可能性を感じる」としました。

大事なのは、踊りたくなるかどうかってところがあるんですよね。海外で曲を出すときって。
海外に向けて作ったのかは分からないですけど、いいですよね。

YouTubeという世界中の人が見ることのできるメディアで公開されたこと、世界の人が聞き慣れたフレーズをしっかり取りれていることなど、全世界に向けて嵐、ひいてはJ-popの良さを伝えられる曲だと絶賛しました。