YouTuberがイケアで一晩過ごし、わいせつ行為と不法侵入で逮捕される

馬克斯WillDoIt」(マックス・リー)という台湾のYouTuberが、イケアでのわいせつ行為と不法侵入の容疑で告訴されました。
リーはでイタズラ動画などを投稿しているYouTuber。
(参考:TAIPEI TIMES「YouTuber charged with indecency after night in IKEA」)

イケアで24時間チャレンジ

リーは10月31日に「24時間チャレンジ-IKEA内で一晩過ごす」という動画を投稿。
新北市にあるイケアで、一晩を過ごすという企画でした。

リーは、倉庫の棚の後ろに隠れて、従業員が帰宅するのを待ち、店内が無人になると、リーはディスプレイのテーブルの上に立ったり、展示のバスルーム内で裸になってシャワーを浴びるふりをするなどのイタズラを決行。
朝まで滞在することに成功しました。
イケアが開店すると、リーは従業員に「朝イチで来た」などと言い訳をしていたようです。

企画的には成功したものの、その後店長が通報して警察沙汰に。
リーの父親が李興文という著名な俳優であったことから、テレビなどでも取り上げられ台湾では大きな話題となったようです。
リーは問題の動画は削除しましたが、11月6日にこの騒動についての動画を公開しています。

コメント欄では、「父親が不憫」「頭がおかしい」などというコメントがありますが、
「頑張れ」と応援する声も数多く寄せられています。

イケアでは公式の“お泊まり会”も

ちなみにイケアでは、不定期で“お泊まり会”を開催しています。
イケアのショールームに泊まってみたいという方はチェックしてみるのもいいかもしれません。
(参考:ウォーカープラス「広〜い店内で一泊!イケア“お泊まり会”レポート」)