アバンティーズの「リクヲ」が活動を休止

2019年11月11日、「アバンティーズ」(登録者数160万人)の「リクヲ」が活動を休止することを発表しました。

3人で再スタート切ったアバンティーズ

2019年は、アバンティーズにとって波乱の年でした。

今年1月、メンバーの「エイジ」が旅行先のサイパンでに高波にさらわれてしまい、帰らぬ人となりました。
(関連記事「人気YouTuber、アバンティーズのエイジさんが死去」)

活動休止を余儀なくされたアバンティーズですが、3月8日には「アバンティーズ、今日から再出発。- Now Here! Avntis」を投稿。
「そらちぃ」「ツリメ」「リクヲ」の3人で再スタートを切ると、多くのファンやYouTuberからエールが贈られました。
(関連記事「アバンティーズ復活。多数のYouTuberがサムネに▲を入れて応援」)

プレッシャーの中での活動再開

活動を再開したアバンティーズでしたが、6月から7月にかけて30日連続で登録者数が減少、その後も伸び悩むという事態に陥りました。
同時に、動画の質や方向性に疑問を持つ視聴者からのコメントが寄せられるようにもなりました。

活動再開後はほぼ毎日動画を投稿し続けていたアバンティーズですが、そこには「いなくなったエイジの分も頑張らねば」というプレッシャーがあったのかもしれません。
(関連記事「アバンティーズ、30日連続でチャンネル登録者数が減少。その理由は?」)

10月1日には「今の心境と、これからについて。」を投稿。
「自分たちが本当にやりたいことをやるため」にも、動画の投稿頻度を下げることを視聴者に向けて発表しました。

この動画以降、アバンティーズは動画の投稿頻度を1週間に1本程度に落としていました。

リクヲが活動を休止

11月11日、アバンティーズは「リクヲについて。」を投稿しました。

10月以降、自分たちが本当にやりたいことについて改めて考えた3人。
その中でリクヲは、

このままずっと動画こういう感じで撮ってもいいのかとか、自分の撮りたい動画があまりうまく撮れてないな、とか。いろんなことが積み重なって。
正直に言うと、折れてしまった。
みんなの歩幅に合わせられないというか。

という苦悩を感じていたことを打ち明けると、「動画をしばらくおやすみさせていただく」と活動休止を報告しました。

そらちぃも「りっくんが疲弊した状態で活動を休止するというのは、またりっくんに対して負担になってしまうのではないか」と考えているようで、リクヲの活動休止を受け入れる方針のようです。

イベント等には変わらず出演

「正直まだね、動画を撮れるテンション感にはなってない」との心情を明かしたリクヲ。
動画への出演といったYouTube活動は休止するものの、ライブなどのイベントには変わらず出演していくようで、「できることからやっていこうかなって感じ」前向きな姿勢を示しています。

そらちぃも、この活動休止を「リクヲが気持ちよく(YouTube活動を)やれるために少し休みをいただけたら」としており、脱退ではないと念を押しました。

動画は12日17時までに37万回視聴されていますが、高評価率は97.5%となっており、ファンからは

「りっくんゆっくり休んでな!」
「ゆっくりでいいよ。 めっちゃ走ってくれてたんだから。」
「冬眠かーって言おうとしたけどコメ欄暖かすぎて春」

といったコメントが寄せられています。
リクヲの活動休止は、ファンからは暖かく受け入れられているようです。