子供向けYouTuber収益激減か。
レオンチャンネルは「好きって気持ちは止められない」

YouTubeが子供向けのコンテンツに関する規約の変更をアナウンスしたことをきっかけに、YouTuberやファンを中心に動揺が広がっています。

YouTube、子供に関係する規約を変更

2019年11月、YouTubeのヘルプセンターで「YouTube.com の子供向けコンテンツに関して今後予定されている変更点」が公開されました。
この中でYouTubeは、今後数カ月で子供向けのコンテンツに関する規約を大きく変更すると発表しました。

子供向けのコンテンツは申告が必須に

チャンネルで公開されるコンテンツが子供向けコンテンツである場合、クリエイターはYouTubeへ申告することが必要になります。
ここでいう子供向けコンテンツとは、以下のものが該当するようです。

・子供もしくは子供のキャラクター。
・人気の子供向け番組やアニメ キャラクター。
・子供のおもちゃを使用したお芝居や物語。
・ごっこ遊びや創作遊びなど、子供が主役の一般的な遊び。
・子供向けの人気の歌、物語、詩。

「子供もしくは子供のキャラクター」とあるとおり、子供自体が子供向けコンテンツとして認識されており、申請が必要なコンテンツの範囲は非常に広くなっているようです。
また、この申請を怠った場合、YouTubeは「なんらかの措置が講じられる可能性がある」としており、チャンネルの運営に大きな影響を及ぼす可能性があります。

子供向けコンテンツのパーソナライズド広告の掲載停止

先の申告を踏まえ、YouTubeは子供向けに分類されたコンテンツの“パーソナライズド広告”を掲載できなくする、としています。

パーソナライズド広告とは、閲覧履歴などを元にターゲティングした商品やサービスの広告を掲示するというもの。
コンテンツを視聴する個人それぞれに合わせた広告が表示されるため、広告効果が高く、クリエイターも高収益が得られます。
これが利用できなくなると収益の低下が予想されます。
YouTube自身も「一部のクリエイターは収益が減少する可能性があります」としています。

子供向けのコンテンツのコメント等の機能制限

パーソナライズド広告に加え、コメントなどの機能が制限されます。
高評価や低評価についても、子供向けのコンテンツでは行えなくなる可能性があります。

背景にはアメリカ司法省との対立

この規約変更の背景には、YouTubeとアメリカ司法省、米連邦取引委員会との対立があります。

米連邦取引委員会(FTC)とニューヨーク司法長官は、Googleが子供の個人情報を保護者の同意なく収集・広告のターゲティングに使用したとして米Googleおよび傘下のYouTubeに対して申し立てを行っていました。
9月には両者の間で和解が成立しましたが、1億7000万ドルの和解金と、YouTubeが「COPPA(児童オンラインプライバシー保護法)」を順守すること、そのためにYouTubeでチャンネルオーナーが子供向けコンテンツを特定するためのシステムを開発・実装することが条件とされています。
(参考:ITmedia NEWS「Google、YouTubeの児童保護法違反でFTCに1億7000万ドル(約180億円)の和解金」)

多くのYouTuberが規約変更に言及

多くのYouTuberが、この規約変更でもたらされる影響を危惧しています。

瀬戸弘司」(登録者数156万人)は14日に投稿した「【YouTube】子供向けコンテンツの規約変更で、僕が心配していること。」で、人によっては広告収入が「1/2から1/3、もっといくかも」「普通の動画と比べたら収益がほとんどない状態」と、大幅に減る可能性があるとコメント。

チャンネルの動画2,500本のうち、500本の動画が子供向けコンテンツと判断されたとする「さとちんTV」(同45万人)は、13日に投稿した動画で「どういった動画が子供向けコンテンツと判断されるか」、その傾向について言及しています。

基本的にはガチャ、秋葉原であったり原宿っていう単語も結構厳しいと思います。
○○やってみた、○○行ってみたも怪しいと思います。
開封系もだめですね。食玩開封、おもちゃレビュー、軒並みだめですね。

レオンチャンネル「好きって気持ちは止められないわ」

こういった動画を受け、YouTuberだけでなくファンの間にも動揺が広がっています。

「えっ?YouTubeの規約変更で子供向け動画作ってる人のチャンネルって…よく分かんないけど、広告付かないって事なのかな?」
YouTubeの利用規約変更子供向けチャンネルが収益停止されるってマ!?」(Twitterより)

そんな中、仮面ライダーなどのおもちゃ紹介を中心に投稿している「レオンチャンネル」(登録者数128万人)はTwitterで、こうしたファンの声に対して「ほっといてくれ」とコメント。

動画からもおもちゃへのあふれる“愛”が伝わってくる、まさに「好きなことを仕事にする」を体現したレオンチャンネルらしいコメントです。
ちなみにレオンチャンネルは、小さい子供たちから絶大な支持を得ており、小学館の雑誌「てれびくん」にコーナーを持つなど、YouTube外でも活躍しています。

最近テレビなどにも登場することが増えてきたYouTuberですが、コンテンツよりもお金のことばかり取り沙汰されるケースが多く、オリエンタルラジオの中田敦彦はこうした状況を「寂しい」と語っています。
(関連記事「中田敦彦、チャンネル登録者数を非公開にした理由を明かす」)