レペゼン地球、10万人動員のアリーナツアー開催と活動再開を発表

2019年11月15日、「レペゼン地球」(登録者数206万人)が「【カゲロウ】〜夢の続き〜」という動画を公開しました。

映像はアニメーションとなっており、各メンバーが登場して、7月の“パワハラ騒動”での炎上を振り返るような内容となっています。
(関連記事「レペゼン地球のDJ社長のパワハラ騒動は虚偽」)

映像では、炎上の結果、寝込んでしまったDJ社長が映し出され、テロップでは、

いやーマジで、ドームなくなってすまん

とDJ社長からの謝罪メッセージが表示されます。

7月の炎上の結果、レペゼン地球が目標としていたドームでのライブ開催を中止することになったレペゼン地球。

映像では、銀太らが「もうドームがなくなったこと誰も気にしてないっすよ」などと社長を慰めますが、
ニュースのコメンテーターが「もともとモラルのない集団だったんでいつかやらかすとは思っていましたけどね」などと批判する姿も映し出されます。

来春アリーナツアーを開催

そこに、アナウンサーが「速報」を読み上げるという体で、2020年春にアリーナツアーを開催することが発表されました。
会場は大阪、福岡、名古屋、横浜の全国4箇所。
総動員数10万人という大規模なものです。

映像の最後、DJふぉいは

こーんなおっきな会場埋まるのかな?

と不安な心境をこぼします。
それに答えるように、上空に「俺達なら出来る」とメッセージが表示されているのが、レペゼン地球の決意を表しているようです。

■ライブ開催会場は以下のとおりです。
4月25日・26日 大阪城ホール
5月16日・17日 マリンメッセ福岡 
5月30日・31日 愛知国際展示場
6月2日・3日 横浜ぴあアリーナMM

活動再開も発表

また、アリーナツアーの発表にあわせ、レペゼン地球の活動再開も発表されました。
明日、11月16日から動画が投稿される模様です。

DJふぉいは「明日から宜しくねえ」というコメントともにメンバーの集合写真をツイッターに投稿しています。