仕事選べず出演、
ずっと後悔している…てんちむ、AV出演疑惑について言及

2019年11月19日、「てんちむ」(登録者数93万人)が「過去にAV出演したと噂されてる件について」という動画を投稿しました。
ネットではヌード写真やAV出演の噂もあがっているてんちむですが、今回初めて、本人の口から語られました。

12月に書き下ろし書籍を発売

2019年12月、てんちむの書き下ろしの書籍「私、息してる?」が発売されます。
1年という長い期間を費やして自身と向き合い、人生哲学や仕事、家族関係、恋愛についてまとめ上げた1冊のようです。

書籍といえば、てんちむと仲の良い「かねこあや」(登録者数41万人)も先月、自身の壮絶な過去を告白した書籍を発売することを発表していました。
(関連記事「かねこあや、家族から顔面を金属バットで殴られるなど壮絶な子供時代を明かす」)

自身の辛い経験と向き合ったかねこあやでしたが、てんちむもまた、今でも後悔しているある経験について言及しました。

仕事を選べず、映画に出演

ネット上などで上がっている、ヌード写真やAV出演の噂は認識していると話すてんちむ。
実際「てんちむ」とそういったワードを並べて検索すると、たくさんのサイトがヒットします。

これと関連しててんちむは、かつて「仕事を選択できず」とある映画に出演したことを告白しました。

ヌードの件に関してはね、時間が経った今でも言えないことの方が多いんですよね。

自身の出演した作品についての詳細までは口にしなかったものの、「すごい悔しいって気持ちがあるんですよ」と歯がゆそうな表情を見せたてんちむ。
語ることのできない事情がある様子でしたが、視聴者はただ、察することしかできないようです。

映画出演はあくまで「仕事」

その作品が、いわゆるアダルトビデオ(AV)だったのでしょうか?
これについててんちむは「いいえ」と、きっぱりと否定しています。

ちゃんとした映画の作品として、主演のオファーをいただいて。
お仕事なので、引き受けました

しかしながら、てんちむの出演した作品がアダルトコーナーに置いてあったこともあったようで、そういった見方をされてしまうのも仕方のないことだとの見方を示しました。

仕事を選択できず、作品への出演を決めたてんちむ。
仕事と割り切っている様子を見せましたが、決断への後悔を今でも引きずっているようで、自殺未遂にまで追い込まれた過去も話しました。

仕事への並々ならぬ執着を見せるてんちむ

この作品への出演には、彼女の仕事への執着が大きく影響しているようです。

私の仕事に対する意識っていうのは、執着に近いものもあるかもしれないです。

てんちむは、それがどんなに嫌でも仕事ならこなすという意識が、人と比べてかなり強いようです。
その割り切りの良さを視聴者に伝えるべく、動画の中ではタガメを淡々と食べる様子も見せています。

今年1月、「しばなんチャンネル」(登録者数215万人)の「あやなん」が主催した女性YouTuber大運動会にて、負けたチームのメンバーが「タガメ」を食べるという罰ゲームがあり、虫嫌いのてんちむもこれに参加していました。
(関連記事「女性YouTuber、罰ゲームでタガメを食べる。あやなんはプチ炎上」)

この時は悲鳴を上げながらなんとか完食したてんちむですが、今回は「仕事」と割り切っているためか、全く表情を変えずに完食。
彼女の仕事への執着や割り切りの良さは美点でもありますが、それが悪い意味で作用して映画への出演につながったのかもしれません。

前向きさを発揮するてんちむ

嫌な経験もプラスにしたいという思いから、本や動画でこの話題に触れたてんちむですが、「やっぱ苦しいわ」と話しました。
今回の動画に関しても、何度も撮り直してようやく完成したと話しており、言葉にできないほど悩んだり、考えたりしている様子がうかがえます。

ただ1つ言えるとすれば、てんちむがこうやって前に進もうとしている中で、水を指すような真似をするのは野暮というものでしょう。
誰しも、人に触れられたくないことがらの1つや2つは持っているもの。
興味半分でてんちむの過去を暴き、あまつさえ彼女にその話題を振るようなことはするべきではないでしょう。