たっくーTV、お笑いコンビ再結成&M-1への挑戦の意思表明

2019年12月2日、「たっくーTVれいでぃお」(登録者数83万人)が、お笑いコンビを再結成することを発表しました。

オーキードーキーを再結成

たっくーはYouTuberになる前はお笑い芸人として活動しており、4年ぶりの芸人活動の再開となります。

たっくーは調理師免許を取得し、高校を卒業。
その後なぜかパチンコのホールスタッフで働いていたそうです。
その理由を、「お金を貯めて、お笑い芸人になるためだった」と語りました。

そして19歳の時、ツルクコウダイと出会い、お笑いコンビ「オーキードーキー」を結成。
たっくー曰く、スベるのは当たり前、尖りすぎてライブを首になったりと「嫌われ者」だったそう。

1年ほど活動をしていたそうですが、ツルクコウダイは芸人の道、たっくーはYouTubeの道に進むことに。
そして4年ほど経ち、たっくーの説得により、オーキードーキーを再結成が実現したそうです。

たっくー「M-1グランプリに挑戦したい」

再結成した理由は漫才をしたいという理由に加え、

『M-1グランプリ』に挑戦したいから

と語るたっくー。

芸人からYouTuberになる人が多い中、YouTuberからM-1の決勝に行ったら面白いんじゃないか。
ツルクコウダイとだったら可能性あるんじゃないのかと感じた。

と、真剣に語りました。

これからの活動については、ラジオチャンネルの活動は変わらず続けていき、実写チャンネルで相方とラジオ動画を投稿していくそう。

早速、動画が1本投稿されており、オーキードーキー結成の馴れ初めを懐かしく対談していました。

よりひともM-1に出場していた

ちなみに、YouTuberのM-1出場といえば、「よりひと」(登録者数70万人)も、「かえるのケロリ」というコンビで、2016にM-1グランプリに出場しています。(結果は一回戦敗退

視聴者からは心配の声

ラジオ系YouTuber以外にも、農業チャンネルでも活動しているたっくー。
その多忙さは、活動開始以来1日も休んでいないほど。
その上で芸人に挑戦するということで、コメント欄では「キャパ大丈夫ですか?」という心配する声もありました。

(関連記事「たっくーTVインタビュー「自分の人生は我慢し続けて終わるのかな」過去と成功の理由語る」)