レペゼン地球がYouTubeからの警告を受け、
「ギトギト更生ちゃんねる」に

2019年11月29日、「レペゼン地球」(登録者208万人)が「前回の動画が運営に削除された件につきまして。アカウントBANの可能性」という動画を投稿しました。

11月27日、レペゼン地球は「【※閲覧注意!たぶん年齢制限かかる!】汚い動画です!飲尿!バンザイ!」という動画を公開。
これは「チバニャン」が「みねくーん」の尿を飲むという内容だったのですが、YouTubeのコミュニティガイドラインに違反したため削除されています。
今回の動画は、YouTubeから警告を受けた「DJ社長」が錯乱するという内容となっています。

YouTube

これは1度目のガイドライン違反でありアカウントに影響はありませんが、これは1度きりの「事前警告」扱いで、

2回目のガイドライン違反以降「3ストライク」制が適用され、以下のペナルティが課せられます。
・1回目のストライク(2回目のガイドライン違反)では、コンテンツの投稿が1週間停止
・その後、90日以内に2回目のストライクを受けると、コンテンツ投稿が2週間禁止
・その後、90日以内に3回目のストライクを受けると、チャンネル削除
(ユーチュラ「YouTubeが「3ストライク」の違反警告制度を改定」)

2018年7月にレペゼン地球は1度アカウントを削除されており、それからは「【レペゼン地球】僕達は更生しました。」にチャンネル名を変更。
(関連記事「100万人登録のレペゼン地球、アカウントBANされる」)
そして「【レペゼン地球】公式」に戻しますが、2019年7月のパワハラ炎上の後「【レペゼン地球】〜僕達はまた更正しました〜」に変更。
(関連記事「レペゼン地球 DJ社長がパワハラ騒動の謝罪動画を公開」)
その後また「【レペゼン地球】公式」に戻しています。
しかし、今回の警告でレペゼン地球は再びアカウント削除への第1歩を踏み出してしまいました。

ついに路線変更?

2019年12月2日、「【アカBANの危機】おしっこ飲んだだけで警告きた、文句言っていいすか?」という動画を投稿しました。

メンバーたちが「アナ雪」の替え歌に合わせ、今回の件について反省(?)の色を示し、「過激は辞めよう!」と路線を変更するという内容の動画になっています。

中盤には「UUUM入れて~」とまで歌いだす始末です。

YouTube

最後にはファンイベント中の映像となり、大勢のファンの前で

YouTubeの運営が!世界イチ~!!!

とお決まりのセリフをもじって宣言し、更生の意思を示しました。
また、この動画公開のタイミングでチャンネル名を「レペゼン地球のギトギト更生ちゃんねる」に変更しています。
果たして彼らは本当に路線変更していくのでしょうか!?
動画のコメント欄には

ちばにゃんの才能大爆発

チバニャンの歌上手すぎてビビったw

と、チバニャンの歌唱力の高さに驚くファンからのコメントが多く寄せられました。

レペゼン地球、1ストライク

(12月9日追記)
12月7日、DJ社長はTwitterで、YouTube運営から「呪いの連絡来た」と報告しました。


29日時点で既に動画は削除されており、チャンネルに対する事前警告を受けていたレペゼン地球ですが、運営から再度動画が削除された旨が伝えられると共に、チャンネルに対して1回目のストライクが下されたようです。

同じ動画で2度警告を受けるという、まさに「呪いの連絡」。
1ストライク扱いなため、1週間の活動停止処分も受けているようです。