休むのに後ろめたさがあったー木下ゆうかが毎日投稿をやめると宣言

2019年12月2日、“大食い系”YouTuber「木下ゆうか」(登録者538万人)が「【おしらせ】これからについて【木下ゆうか】」という動画を投稿、毎日投稿をやめると宣言しました。

毎日投稿が目的になっていた

これまで水曜日以外は「毎日投稿」を掲げて活動していた木下ゆうか。

動画が投稿できない日があった場合、視聴者に「今日は休みです」とSNSで報告するのに、かなりの後ろめたさを感じていたそうです。
また「毎日投稿」を掲げているせいで、新しいことに挑戦する心の余裕を持てない状態になっていたとのこと。

毎日投稿するために動画を作ってるわけじゃなく、楽しい動画をみんなに送るために動画を作っているのに、だんだん毎日投稿が目的みたいになっちゃう

と、日々の動画制作が楽しめなくなっており、最近は生活が「自由じゃないな」と感じるようになっていたそうです。木下ゆうかは

とりあえず一旦、動画を毎日投稿するのを辞めようかなって思います!

と語りました。
今後はランダムに投稿するスタイルに変えていくようです。

一番やりたいのはファンミーティング

木下ゆうかは

私ね、一番やりたいのはファンミ(ファンミーティング)なんですよ。日本全国も回りたいし、世界中でもファンミをしたいんですよね。

と語り、最後に「これからもYouTubeを続けることは間違いないので、応援よろしくお願いします!」として動画を終えました。

コメント欄には

これはYoutuber全ての人に言える事だけど
あなたの人生なんだから自分の好きにする事に後ろめたさなんて感じる必要ない
リスナーの為に生きる必要もないし、自身が楽しんでる姿が見てる方も一番楽しい。

義務感じゃなくて、ゆうかちゃんが楽しんで美味しい物食べて動画を上げてくれるのが嬉しいから、ゆったりやってください!🌌💚

ゆうかちゃんのペースでいいですよ!

毎回美味しそうに食べる姿が大好きです❤️

応援してます🍴😋

と、彼女の決断に対し前向きなコメントが多く見られました。
動画は12月4日16:00現在、約24万6000回再生されており、高評価率は93.6%となっています。

毎日投稿について他のYouTuberは

実力主義のYouTubeの世界で、動画の投稿頻度はYouTuberにとって非常に重要と言われています。
しかし多忙さやストレスによって、燃え尽き症候群に陥るYouTuberもいるようです。

最近では「セイキン」(登録者371万人)や「フィッシャーズ」(同586万人)のンダホなど、何人ものYouTuberが体調を崩しています。
(関連記事「セイキン、救急搬送される」、「フィッシャーズのンダホ、街中で倒れて緊急搬送されていた」)

ヒカキン」(登録者783万人)は2017年8月「ぼくたち、休みます」という動画を投稿し、「毎日投稿」をやめています。
一方で、「水溜りボンド」(同413万人)など、毎日投稿を続けるYouTuberもいます。

登録者数では日本4位の木下ゆうかですが、動画の再生回数の方は他のトップYouTuberと比べると見劣りする感が否めません。
今回の決断がどういう結果をもたらすでしょうか。

関連リンク

木下ゆうかがUUUM脱退を発表(2020/2/1)