100万円のロードバイク盗難ドッキリでYouTuberが炎上。
低評価は90%

2019年12月4日、スポーツ自転車メディア「FRAME」(登録者6.1万人)が「【ドッキリ】渋谷のど真ん中に100万円のロードバイクを放置したら何時間で盗まれるのか検証してみた」という動画を投稿しました。

12月6日22時現在、低評価率89.6%と厳しい結果となっています。

スポーツ自転車メディア「FRAME」とは

「FRAME」とは、自転車YouTuberとして有名な「けんたさん」(登録者17万人)などを始めとして、自転車業界の著名人のこだわりの自転車や、プロショップに赴き自転車に関するテクニックを紹介するチャンネルです。
チャンネル概要欄には

こんにちは!マイペースに自転車を楽しむためのメディアの「FRAME」です!
自転車選びのときに欲しい情報から、メンテナンスのハウツーコンテンツ、自転車を楽しむためのコンテンツなど、様々自転車コンテンツを配信していきます!
是非チャンネル登録、高評価よろしくお願いします!

とあります。

最近は自転車系YouTuber数人で行う企画動画も増えてきています。

100万円のロードバイク盗難ドッキリ

今回の動画に登場するのはけんたさん、「今田イマオ」(登録者非公開)、「ウドントミカン」(同4800人)の3人です。
企画の内容は、ウドンくんへのドッキリ。
ウドンくん以外の2人とディレクターが「100万円するロードバイクを東京都内の駅前に放置したら盗難されるのか?」というニセ企画をウドンくんに仕掛けます。
駅前に放置した高級自転車が通行人に盗まれてしまうのですが、実は通行人は変装したディレクターというもの。

ちなみにこの自転車はアメリカのスポーツバイクメーカー・SPECIALIZED「S-Works Venge ViAS Di2」。カーボン製パーツ、電動変速システムを備えた、プロ選手が使うような超高級車です。

3人は「渋谷スクランブル交差点」や「ハチ公前」など人通りの多い場所に無施錠のまま自転車を置き、様子を見ます。
しかし結局、自転車に手を付ける通行人は現れず、予定どおり盗難犯に変装したFRAMEディレクターが自転車を持ち去り、ウドンくんが彼を問い詰めます。
ディレクターが服を脱ぎ、FRAMEの関係者であることを示してウドンくんがうなだれたところでドッキリ成功。企画は終了します。

ロードバイクなど高級自転車は盗難問題が付き物。鍵をしていなければ一瞬で悪意ある人に持っていかれてしまうということで、

鍵は絶対しないといけないですよ!

とウドンくんが語気を荒くして視聴者に訴え、動画を終えました。

デリケートな問題に触れたことで低評価相次ぐ

高価なものにも拘わらず、ママチャリを使うときと同じ感覚で鍵をせずに駐輪し、盗難事件が絶えないのもロードバイクあるあるです。
FRAMEチャンネルはこの企画を通して鍵の重要性を訴えたかったようですが、視聴者からは厳しい評価が浴びせられました。
コメント欄には

愛車を盗まれた時の、絶望感が思い起こされたクソ動画をまさかFLAMEが配信してるとは思わなかった お前らが消えて無くなれ!

自転車が好きで見てる人が多いチャンネルって自覚しようよ。

本当に盗難に遭った方はどう思うでしょうか…

と、自転車乗りにとってデリケートな盗難問題をドッキリのようなエンターテインメントに使われたことに対し批判の声が多く寄せられています。
他にも、

しょうもない。
大の大人がすることですかね。

一企業のやる企画とは思えないぐらいお下劣

など、企画自体のレベルが低いというコメントも多く見られます。

「誠意が感じられない」

この炎上を受けてFRAMEは12月5日「昨日公開した動画コンテンツについて : 【ドッキリ】渋谷のど真ん中に100万円のロードバイクを放置したら何時間で盗まれるのか検証してみた」という謝罪動画を投稿。

チャンネルを運営する株式会社自転車操業の代表者2人が登場し、今回の件に関してお詫びしています。
しかし、この動画も12月6日22時現在、低評価率は69.1%と依然として厳しい結果となっており、コメント欄には

「申し訳ない」「不快にさせた」と口にはしているけど、あの動画のどんなところがどんなふうに不快だったのか分かってないんじゃないの?とりあえず炎上しちゃったから意味も分からずに謝ってるだろ。

動画撮り終わった後ヘラヘラ笑いながら「あーめんどくせ」とか言ってそう

など、2人の謝罪に対して疑問を投げかけるコメントが多く寄せられており、炎上の収拾はついていないようです。