禁断ボーイズが制作期間5カ月の大型企画を発表。
今度こそ復活なるか

2019年12月11日、「禁断ボーイズ」(登録者数195万人)が「お待たせしました。」という動画を公開しました。

夏休みの再起に失敗していた

禁断ボーイズは、2年前の“VALU騒動”での炎上以来、精彩を欠いており“オワコン”状態が続いていました。
夏休みを目前にした7月19日、「マジでぶちかます」と再起を宣言したものの、夏休み中が中盤に差し掛かると失速。
結局夏休み中に投稿された動画はたった9本という結果でした。
(関連記事「禁断ボーイズ、夏休みの再起に失敗? 登録者がマイナスの日も」)

最近では“企業案件”動画しか投稿されず、禁断ボーイズからの説明も一切なかったため、視聴者の間では「解散間近?」との噂も出始めていました。

制作5カ月の大型企画

そんな状態の禁断ボーイズが今回動画で大型企画を発表。

その内容は「めさいあシンデレラ」。

メサイアを好きという8人の女の子。
そのうち7人は嘘つきの“人狼”。
メサイアが探すのはたった1人のシンデレラ。
間違えて人狼を選んだら100万円を奪われる。
YouTube

と紹介されています。

禁断ボーイズこれまでもメンバーのメサイアの交際相手を募集する「メサイア彼女オーディション」という企画を実施しており、これは同チャンネルでの人気コンテンツでした。

今回の「めさいあシンデレラ」は、企画に1カ月、編集に4カ月かかったというまさに大型企画。
動画は12月17日から、11夜連続で公開されるそうです。

リーダーのいっくんは、ツイッターで「禁断ボーイズ史上最高傑作」と自信をのぞかせ、「今まで更新しなかった理由はこの動画」と説明しています。

5カ月という時間を注ぎ込んだこの企画。
禁断ボーイズ復活させることができるのか、17日からの動画に注目です。