ジョーブログ、ギャラ未払いで告発されるも「でっちあげ」と完全否定

2019年12月12日、「POLINKEY MOVIE」(登録者数18万人)が「ジョーブログが俺に未だギャラの支払いをしない話」という動画を投稿しました。

「POLINKEY MOVIE」とは、7年前からYouTubeで活動している古参YouTuber。
主に出演している「かずきむぎちゃ」は2017年に傷害・生命身体加害略取・監禁致傷で逮捕され刑務所に服役。今年9月に出所しています。

ジョーブログとの間の金銭トラブル

今回のかずむぎちゃが語ったのが、「ジョーブログ」(登録者数132万人)との間の金銭トラブル。

かずむぎちゃは、2015年11月に開催された「関西YouTuberフェスティバル」というイベント内の「売名選手権」というコーナーに出演しましたが、このギャラを主催者の1人であるジョーが支払っていないというものです。

この問題、実は2年前にすでにジョーと揉めていたのですが、かずきむぎちゃが服役したため、決着がつかないままになっていました。

YouTuber売名選手権

かずきむぎちゃは、今回の動画で改めてトラブルの経緯を説明。

「関西YouTuberフェスティバル」はジョー、たむちん、「KOHEY」(登録者数70万人)の3人が主催するイベントで、「デカキン」(同77万人)や「禁断ボーイズ」(同195万人)らも参加していました。

当時、金銭的に厳しかったかずきむぎちゃは、ギャラが支払われると聞きゲスト出演したそうです。

かずきむぎちゃによると、イベントは18万円の赤字を計上。
主催者3人で赤字分を折半したとのことですが、かずきむぎちゃは赤字の原因はジョーの提案により大規模な会場を選んだことだと考えているようです。

かずきむぎちゃのギャラは支払われず、1年後ジョーに催促したものの、ツイッターもLINEも連絡がつかなくなってしまったとのこと。

これを受け、かずきむぎちゃは2017年2月に動画で問題を告発しました。
(2017年2月8日「ジョーブログは男らしくない」)
(同年2月10日「結局ジョーブログの言葉は薄い

その後、ジョーとは連絡がついたものの、話し合いは決着がつかず。

かずきむぎちゃの告発が引き金となって、ジョーのオフ会での迷惑行為や、クラウドファンディングでの管理不足があらわになり、ジョーは炎上。

シバター」(登録者数105万人)も動画で「筋が通っていない」とジョーを批判しました。

視聴者にコメントを促す

今回の動画では、

ジョーくん!今だったら何円払ってくれますか?何十万円払ってくれますか?
そこらへんご連絡待待ちしてます!
てことでこの動画を見てお時間のある方はジョーくんの動画行って「むぎちゃにギャラ払わんの?」ってコメントしてきてください!

と締めくくったかずきむぎちゃ。

実際にジョーブログの最新の動画には

お金はしっかり払ったほうがいいですよ

裁判起こしても悪いのん 圧倒的にジョーやんw

などというコメントが寄せられる結果となっており、動画の低評価率も約50%とかなり厳しい評価となっています。、

事実の食い違う2人

一方のジョーはツイッターで「全くのでっちあげ」と完全否定。

それに対し、かずきむぎちゃも自分の主張に自信があるような内容をツイート。

主張がまったく食い違う2人。
ジョーのチャンネルで、これに対するアンサー動画は上がるのでしょうか。
注目が集まります。