禁断ボーイズ、かすがVAZ脱退を発表

2019年12月14日、「かす」(登録者数70万人)が所属事務所のVAZとの専属契約を解消したと発表しました。

かすがVAZとの専属契約解消を発表

かすには、以前からYouTubeとは別にやってみたいことがあったそうです。
VAZとの契約を更新するか、解消するかを考えているときに、その“別のこと”に関する話が舞い込んだようです。

かすによると、VAZは動画を作る仕事にはマッチするそうですが、自分が別でやりたいことにはマッチしないとのこと。

別軸の話があったタイミングで、ちょっと環境を変えてみてもいいのかな

と、契約を解消することを決めたようです。
解消したのはかなり前とのこと。

かすは「VAZに不満があった訳ではない」、「円満退社」だと話しています。
今後は別の事務所に専属契約する予定もないそうですが、案件単位ではVAZの仕事も受けるようです。

また、「スカイピース」(登録者数274万人)のテオくん、イニ、「まあたそ」(登録者数162万人)とかすの4人のユニット「青春 しゅわしゅわクラブ」に関しては引き続きVAZのマネージメントとなるとのこと。

かす自身の活動については特に変わりはないそうで、かすは契約解消によって視聴者にも影響が出ることもないと説明しています。

禁断ボーイズも脱退を発表

12月15日、「禁断ボーイズ」(登録者数194万人)もVAZを脱退したことを発表しました。

すでに9月末に脱退していたとのこと。
ユーチュラではVAZのウェブサイトから禁断ボーイズの記載が消えたことを紹介しましたが、やはりこのタイミングで脱退していたもようです。
(関連記事「禁断ボーイズ、VAZを脱退か」)

いっくんは、脱退の理由について17日公開予定の大型企画動画に触れ、

VAZがしてくれるサポートが、僕らにとってはあまり必要なくなった

と説明。
「仲が悪くなった」などではなく、円満な脱退であると強調。

VAZに対しては禁断ボーイズが東京に拠点を移す際など、多くのサポートを受けたようで、

ほんとに助かったし、すごい恩があるんすよね。
だから全然嫌いとかはないです。

と語っています。

昨年はヒカル、ラファエルが脱退

VAZからは2018年に「ヒカル」(登録者数348万人)、「ラファエル」(同144万人)が脱退していますが、今回はそれに続く人気YouTuberの脱退となります。
(関連記事「ラファエル、VAZやめるってよ」)

この脱退発表に、同じくVAZ所属の「歩乃華」(登録者数54万人)は「VAZやめよかな!うっそー!」とツイート。
MARIMO。」(同22万人)も「突然ですがVAZを辞め」と冗談めかしたツイートをしています。