月収20万円の中学生YouTuberキメラゴンが話題

月収20万円の中学生YouTuber「キメラゴン」(登録者数1900人)がツイッターなどで話題となっています。

月収20万円の中学生YouTuber

キメラゴンは、ツイッターのコンサルやWebライティングで毎月10万円以上の収益を上げる現役中学3年生。
小学5年生の時、有名ブロガーである「ARuFa」(登録者数10万人)のブログを読んだのがきっかけで、趣味でブログを書き始めたそうです。

高校は、角川ドワンゴが運営する通信制高校「N高等学校」に進学するようです。
ビジネスに専念しながら、これからもネットでの収益化を目指し活動していくそう。

ツイッターではたびたび、中学生らしからぬビジネスマインドを披露しています。

YouTubeでも発信「中学生とは思えない」

12月20日からは、YouTubeへの動画投稿も始めたキメラゴン。

・中高生向けのビジネスハック
・令和を生きる学生を育てるための子育て論

今後はこういった動画を投稿していくようです。

中学生の視点でビジネスや持論について語っている姿に、コメント欄では、

プロのアナウンサーより聞きやすい

本当に中学生とは思えない行動力。すごすぎる

と、賞賛の声が集まっています。

これまでも、小学生YouTuber「ゆたぼん」(登録者数9.6万人)や中学生YouTuber「研究家YouTube」(同15万人)といったチャンネルが話題になってきたように、年齢が活躍のための絶対条件とはならないのがYouTubeという場所。
キメラゴンはYouTubeに投稿を始めてまだ1週間ですが、これからの活動に期待です。