用途は私の「お小遣い」? 現役看護師YouTuberがスポンサーを募集して批判殺到

看護師YouTuber「ゆり」(登録者数10万人)がスポンサーを募集した結果、視聴者が反発、批判が殺到しています。

現役看護師のYouTubeチャンネル

「現役看護師ゆり」は、現役看護師として様々な医療情報を発信するチャンネル。

開設当初は、看護師の中にある学歴差別や、自身の新人事態の失敗を赤裸々にトークしたりなどといった“健全な”ネタを投稿していました。

ところが、活動が長期化するにつれて次第に方向転換をしていきます。
現在は、2019年4月に投稿した「剃毛と勃起の裏事情に涙が止まらない」(再生回数370万回)や、5月に投稿した「貧乳で人生ツライので、バストアップマッサージしてみた」(58万回)といった動画が、チャンネルのメインコンテンツとなっています。

動画のスポンサーを募集

2020年1月7日、ゆりは「ゆりchをスポンサー支援して下さる方を募集中です!」を投稿しました。
タイトルやサムネイルにもあるように、動画やチャンネルのスポンサーを募集する動画となっています。

現在は、ゆりに加え、動画の編集者やマネージャー、ブログ「現役看護師ゆり」の運営者といった、数多くの人の力を借りて活動しているゆり。

チャンネルの規模を大きくして、いろんなことにチャレンジ、挑戦していきたいと思ったので。

最近は広告収益を使って、研究者さんと協力して最新の論文をリサーチしてもらってより優れた医療情報を準備したり、撮影に行く交通費を出せるようになってきています。

チャンネルの規模を大きくするために必要な資金を、視聴者から募りたいという考えのようです。

金額が高すぎ、用途も不明

ところがこのスポンサー募集に対して、視聴者の反応は芳しくありません。

ゆりは今回、お礼の仕方で3種類のスポンサーのプランを用意しています。

プランA ①動画冒頭部での紹介 ②リンクや紹介文を、概要欄へ記載
プランB プランA+動画のおわりにもお礼のメッセージ
プランC プランB+コメント欄でもお礼の固定メッセージ

一口あたりの金額は、プランAで19,800円、プランCに至っては29,800円と非常に高額となっており、視聴者から疑問の声が上がっています。

また、チャンネルの規模を大きくしたいとする一方で、集まったお金は「私のお小遣いにもなりますので、モチベーションにはなるのかと」とも発言。
用途があいまいなことに対しても、視聴者から批判的な声が上がっています。

動画は8日14時までに1.3万回再生されていますが、低評価率54.5%(高評価560、低評価660)という厳しい評価に加え、コメント欄も

「正直、残念です。さよなら」
「お小遣いにもなりますしってそんな露骨な動画初めてみたw」
「正直がっかりしました。視聴者があなたの動画に求めてるものとそちらの方針が大きくかけ離れてきた。金額を決めて支援を集うのは言語道断ですよ。勿論登録解除します。今までありがとうございました。」

といった批判のコメントが殺到しています。

丸の内OLレイナ」(登録者数55万人)のように、YouTubeとは別でサイトを立ち上げて視聴者から会費を募り、莫大な収益をあげているYouTuberもいます。
(関連記事「収入はヒカキン超え? 女性YouTuberが驚愕の収入事情を語る」)

今回のように、ただ動画でお礼を述べるだけで、2万円近いお金を求めるという形では、視聴者はついてこないようです。

 

1月16日追記

運営会社が釈明

炎上を受け、チャンネルの運営会社が釈明動画を公開しました。
(関連記事「スポンサー募集で炎上の看護師YouTuber、運営会社が釈明も批判やまず」)