アバンティーズが人気YouTuberにお年玉をおねだり。
総額は前回の3倍に

2020年1月9日、「アバンティーズ」(登録者数163万人)が「【集計編】大物YouTuberに、お年玉もらえるまで帰れま10!!【Season2!!】」を公開しました。

この企画は、アバンティーズが人気YouTuberにお年玉をおねだりするというもの。
アバンティーズは2018年にも同じ企画を実施しており、その際は全4回の動画の再生回数が2000万回を超えるなど人気の企画となっています。

今回も前回と同様、「選抜編」「突撃編」「強奪編」「集計編」の全4回構。
8組のYouTuberからお年玉をもらうことに成功したアバンティーズは、1月9日に公開された「集計編」でいくらもらったのかを発表しました。

東海オンエア・てつやは17万円

東海オンエア(登録者数488万人)のてつやからは17万円。
はじめしゃちょーの畑」(190万人)からは中国紙幣やラウンドワンのコインなどを含み、6万5000円がプレゼントされました。

スカイピース」(277万人)は宝くじのスクラッチの束35,000円ぶん。

スクラッチを削った結果は、1等の1万円1本を含み、当選金額合計が1万9500円となりました。

きまぐれクックは粋な演出

きまぐれクックはクーラーボックスをプレゼント。
開封すると、大きな貝殻が入っており「おとし玉」と書かれていました。
ツリメは「やってくれたなー」と叫びます。

しかし箱の中には「交通費」と書かれた封筒があり、中には3万円入っていました。
さらに「おとし玉」と書かれた貝殻の蓋を取ると、丸められたお札が入っているという粋な演出が。
金額は9万円でした。

ヒカルはエイジの封筒も用意

ヒカル」(登録者数351万人)からは、昨年亡くなったエイジのものも含め、4人のメンバーそれぞれに封筒が用意されていました。
ツリメは10万円、そらちぃはなぜか領収書が入っているなど、メンバーによって金額にも差がつけられていました。
合計は15万円。

財布の中身を全部いれたという「カジサック」(登録者数160万人)は、11万2000円。
これにはそらちぃも、カジサックの子供たちに

僕たちから後ほどお年玉を送らせていただきます。

と言い、ツリメと2人で土下座して感謝を示しました。

フィッシャーズ」(登録者数591万人)の4人からもらったお年玉は、ドル紙幣などを含んだもので、日本円だと5万6722円。

水溜りボンドは59万円の大盤振る舞い

ラストは「水溜りボンド」(登録者数420万人)。

トミーは、1~100の目が出る100面体のサイコロを用意。
目をつぶって4回サイコロを振り、その中で出た一番大きな数字をお年玉にすると宣言していました。

開封の結果、その金額はなんと59万円。
金額を知ったツリメとそらちぃは「これはやばいです!」と大興奮していました。

そしてアバンティーズがもらったお年玉の総額は127万508円
前回は総額38万4151円でしたので、およそ3倍という高額となりました。

最後にそらちぃとツリメはお年玉をくれたYouTuberに対してお礼を述べ、お年玉の用途として

何かしら動画の企画として使わせていただきます

と宣言しました。