ラファエル、VAZやめるってよ

2018年9月9日、ラファエル(197万人)が所属事務所のVAZを辞めたことを動画で報告しました。
 

 

辞めた理由は「ラファエルが金にがめつかっただけ」

動画には「ラファエル」「ヒカル」「怪盗PINKY」の3人が登場。
VAZを辞めた理由をヒカルは「ラファエルが金にがめつかっただけ」と冗談交じりに説明。

企業案件などで、中間マージンを取られるのが嫌だったと語っています。
 

今後はプロデューサーに転身

ラファエルは、今後プレイヤーではなく、プロデューサーに転身すると宣言。
そして最初にプロデュースするのがヒカルとピンキーだと話します。
 

https://www.youtube.com/watch?v=f9sm6xOCnBY

 

ラファエルの収入は年3億!?

プロデューサーに転身後は、「ラファエル」のチャンネルは誰かに売却してもいいと語るラファエル。
現在のチャンネルの売上が「3億ぐらい」との言葉も。

2017年のチャンネル休止中も、収入が入ってきていたことから、
不動産物件と考えると超優良物件ではないかと話します。

その後、ヒカルとラファエルはNextstageの設立やラフェエルの事務所所属の経緯など、思い出話を語ります。
 

ラファエルのせいでVAZの秘書が退職!?

ラファエルの契約解除の話に、興味がなさそうなヒカルが、
「(ラファエルの話が)面白くなさすぎて。
「(話す内容が)見切り発車もいいとこでしょ、もうちょっと言いたいことあるでしょ」
と聞くと、
ラファエルは「VAZに思い出も思い入れもない」と返します。

ヒカルは
「ぶっちゃけ、(ラファエルは)営業側からの評判がめちゃくちゃ悪い。」と言い、
「VAZの秘書が辞めたのはラファさんのせい」で、
ラファエルのステマの9割はVAZにバレているとぶっちゃけトークを展開。

ピンキーも
「(ラファエルのことが)俺も全然好きじゃない。
クソつまんねぇ話聞かされて」と被せます。

毒舌をトークですが、逆に仲の良さが感じられる、
和気あいあいとしたムードの動画でした。
 

ヒカルとピンキーがラフェエルプロデュースで歌手デビュー!?

ヒカルの動画では、ラファエルのプロデューサー業の内容について詳しく紹介。
 

 
ラファエルはヒカルとピンキーがラファエルのプロデュースで歌手デビューすると発表。
VAZの承諾ももらっており、今年の12月に1000~2000人収容できる会場も手配済みと話します。

ラファエルは作詞作曲からプロデュースまで、全て自分が出かけると言い、
当惑するヒカルとピンキーをよそに、
「すでに脳内で8曲ぐらい(曲が)できてる。」
と自信有り気な様子。
 

一般に認知されるアーティストを目指す

さらに「事務所の力でMステに出るんじゃなく」、
Youtuberファンだけではなく、世間一般に認知されるレベルを目指したいとのこと。
明らかにUUUMを意識した発言ですね。

ヒカルは「中卒が3ヶ月で東大合格目指すぐらい」の挑戦だと驚きながらも、
自分でも歌を出したい気持ちはあったと、前向きな姿勢を見せます。
 

作曲は10人のゴーストライターに

曲の披露を求める二人に、ラファエルは曲のフレーズを口ずさみますが、
よくわからない内容で、二人は当惑気味。

ラファエルは、作曲は10人のゴーストライターに依頼しているそうで、
自信たっぷりな様子。

9月にもYouTube上で曲が公開される予定とのこと。
どのような曲が出てくるのか楽しみですね。