京大退学し東大受験するwakatte.TVの高田ふーみん、
センター試験の自己採点結果を発表

2020年1月19日、学歴YouTuber「wakatte.TV」(登録者8.6万人)が「センター試験自己採点生配信!ふーみん桜の会の運命は!?【Ukatte.TV】」というライブ放送を配信。

先週末に行われたセンター試験の2日目が終わった直後、東大受験を目指す「ふーみん桜の会」のメンバー3人(たけちゃん、しゅうさん、高田ふーみん)で自己採点をしました。

ふーみんは、在籍していた京都大学を退学して今回の受験に挑んでいます。
(関連記事「学歴YouTuber「wakatte.TV」が東大受験のため、京都大学を退学」)

運命の自己採点

センター試験はマークシート式の試験です。
試験を受けるとき、受験生は解答用紙に答えをマークすると同時に、問題用紙に自身がマークした選択肢をメモしておきます。
というのも、試験結果が知らされるのが入学手続きも終わった初夏ごろになるため。

センター試験のあと、受験生はメモを頼りにセンター試験後自己採点をし、それをもとに国公立大学であれば2次試験を、私立であればセンター利用試験に出願する大学を選ぶのが定石です。

ふーみんが受験する東京大学など難関校にはセンター試験に“足切り点”と呼ばれるボーダーラインが設定されており、これを下回ると2次試験に出願すら出来ません。
その点数は900点満点中、750点程度と言われています。

センター試験で試合終了」という事態にもなりかねないので、3人にとってはまさに“運命の自己採点”だったことでしょう。

ふーみんの自己採点の結果は以下のとおり。


ふーみんの点数は825点で、得点率は91%。
6年のブランクを感じさせない高得点を叩き出しました。

「やっぱふーみんスゲェよ」

これまで「京都大学」という学歴を振りかざし、数々の出演者、視聴者を煽ってきたふーみん。
そんな彼が東大受験のため退学までして学歴を捨て、チャンネルでの撮影など活動と勉強を両立しつつこのような結果を出してのけました。
動画のコメント欄には

高田素直にすげぇわ。学歴煽りしても許せてしまう何かを見せつけてきた。
ガチでここまで仕上げてくると思ってなかったなー。

高田への尊敬度度合いが爆上げ

と、素直に彼の実力を賞賛するコメントが多く寄せられました。

この動画は1月20日16時現在で21万回再生され、YouTube急上昇ランキングで1位となっています。

東京大学合格へ大きな一歩を踏み出した高田ふーみん。
2次試験をパスし、「東大・京大」のダブル高学歴を掴むことができるでしょうか!?