誤情報で炎上の中田敦彦、
自身を「こんなにピュアなヤツはいない」とボヤく

2020年1月21日、「中田敦彦」(登録者数非公開)が「【ヒカル × 中田敦彦】YouTuber界と芸人界の異端児が初対談」を公開しました。

過去にラジオやテレビ番組では共演している「ヒカル」(同354万人)とのYouTube上で初コラボとなります。

ヒカル、中田敦彦は「革命児」

ヒカルは中田敦彦を「革命児」と評し、「常識にとらわれずに今の時代に生きている人」と絶賛。
中田も、ヒカルこそ「YouTuber界の革命児」だとし、お互い「決して善人ではない」点など惹かれ合う部分があると話しました。

ヒカルが中田の凄さとして挙げたのが、オリエンタルラジオが“武勇伝”でブレイクした後、紅白出場を果たした「PERFECT HUMAN」や現在のYouTubeなど、何度もブレイクしているところ。

しかし中田は「分かんないんすよ。どっから刺されるか」と答え、安定しないことが課題だと考えているようです。

こんなにピュアなヤツはいない

ちょうどこの動画の収録日にYahoo!ニュースで中田を批判する記事が出ていたらしく、ヒカルがそれについて触れると、

(中田)あいつはデマばかりとかね、誤情報とかいろんな。
とにかく僕自身はね、こんなにピュアなヤツはいない。
(ヒカル)(笑)ピュアなあまりに言っちゃうんすよね。
(中田)そう。なのに、こんなに一生懸命人のために尽くしたいのに、たぶん何かが至らないんだなと
だから今すっごい自己啓発本読んで、何が俺に至らないかっていうのを授業してるんですけど。
14:01~

と語ります。

ヒカルは、中田が複数の分野で成果を上げていることを踏まえ「賢いんだろうなと思いますね」とコメント。
中田は

それが多分嫌なんでしょうね
見てる人からすると愛しづらいでしょ

と自身を評しています。

これまでに何度も誤りを指摘されている

中田敦彦は現在、「中田敦彦のYouTube大学」というチャンネル名で活動しており、歴史解説などを扱った教養系のチャンネルとして昨年ブレイク。
現在登録者数は非公開ですが、昨年9月時点で100万人を突破しています。

今回中田は何の記事かを具体的に示していませんが、おそらく以下の記事のことを指すと思われます。
(参考:Yahoo!ニュース「『責任持った発信が大事』と話す中田敦彦がYouTubeでフェイクを流す問題点」)

これは中田の第2次大戦についての解説が

多くの誤りの他に単純な誤りで済まない問題がある

と批判する内容で、視聴者の賛否両論を巻き起こしています。

中田の動画に関してはこれまでも
中田敦彦、日韓関係を扱った動画に低評価殺到。視聴者からは「勉強不足」の声も(2019年8月)
中田敦彦のイスラム教解説は「デマ」専門家が痛烈批判(2019年12月)
など、たびたび間違いが指摘されています。

2日で本を読み動画を出すルーチン

中田は過去に自身の動画制作の流れについて、1冊の本を2日間で読んで、2日に1回動画を出すと語っており、

定期テストの前の詰め込みみたいなんやるじゃないですか?
テスト前だから前日と今日だけやるか、みたいなのが、毎日続くっていう

と例えています。
(関連記事「中田敦彦、チャンネル登録者数を非公開にした理由を明かす」)

こうしたにわか仕込みの知識が、解説の間違いを生む要因かもしれません。

中田だけを問題視することに批判も

お笑い芸人の「たかまつなな」(登録者数6.3万人)は、中田敦彦への批判を「悪意を感じる」とし、

(YouTubeは)いまだに差別やハラスメントを楽しむ動画や悪意のあるフェイクニュース動画に溢れている。中田さんの間違い動画よりも、悪意に満ちた動画や社会を悪くする動画がたくさんあるということを言いたい。(BLOGOS

と語り、中田にも問題はあるとしつつも、他にも問題視すべき動画が数多くあると指摘。
中田には編集段階で監修を入れることを提案しています。

また、「アシタノワダイ」(登録者数非公開)は動画で、中田は「ただの間違い」であり、「意図したフェイク」を流すマスコミのほうが問題だと批判しています。

中田は間違いが指摘された場合、コメント欄で訂正することがありますが、今回の第2次大戦の動画についてはまだ何もリアクションしていません。
またイスラム教解説の動画については、釈明や反論することなく動画を非公開にしました。

YouTube活動以前にも、歯に衣着せぬ発言でたびたび炎上騒ぎを起こしてきた中田敦彦ですが、間違いへの指摘に対しては無口になるのが常。
中田が「愛しづらい」のかどうかはともかく、間違いについてはピュアな対応を期待したいものです。