ゆたぼん、彼女と別れる。
動画は過去最高の高評価率に

2020年1月29日「ゆたぼん」(登録者数9.9万人)が「彼女と別れました。出会いもあれば別れもある。」を公開しました。
ゆたぼんは“不登校の自由”を主張する小学生YouTuber。

彼女と別れたと報告

1月19日に彼女ができたと動画で報告したゆたぼん。
(関連記事「不登校小学生YouTuber・ゆたぼんに彼女ができる」)
一昨日には彼女のまなと初デートに行き、楽しい時間を過ごしたそうですが、

昨日、まなと、まなっていうか・・・
うーん、まぁいろいろあって、んで別れることになりました

と明かしました。

「死にたい」が口癖だったまな

1年前、ゆたぼんと出会った頃のまなはイジメで小学校を不登校になっており、

ずっと「死にたい死にたい」って言って、「死にたい」っていうのが口癖の子

だったとのこと。
その後ゆたぼんから「元気と勇気」をもらったまなは、「死にたい」と口にすることもなくなったそうです。

大人と親が変わったらいい

ゆたぼんは、自分が自由に生きられるのは「パパとママに認められてるから」と語ります。
ところが「みんな」はそうではなく、親たちから「学校行きなさい」と言われ、「YouTubeやりたい」といえば、「YouTuberなんて面白くないわ。勉強やりなさい」と反対されると言います。
ゆたぼんは、

大人と親が変わったらいいんじゃないかなと思うんですよ。 
でも、いつかは親のところから離れるときがあるから、そっから自分の人生を決めたらいいと思う。

と語り、

自分の気持ちに正直に生きよう。
ちょっとの付き合いやったけどめっちゃ楽しかった。
出会いもあれば、別れもあるから。

と前向きに2人の付き合いを振り返りました。

低評価率が過去最低に

ゆたぼんは明言こそしていませんが、その口ぶりから大人からの邪魔が入ったことが想像できます。
コメント欄では、

親「あの子とだけはやめなさい」って言われたんだろ

まなちゃんの親が大反対したんじゃね?

と想像する声が寄せられているほか、

今回は流石に高評価ですわ

など、“アンチ”が多いゆたぼんらしいコメントも。
実際、低評価率が8割程度になるのが普通のゆたぼんのチャンネルには珍しく、低評価率が19%しかありません。
これは、ゆたぼんの全動画の中で最も低い値です。

交際を発表したときよりも少し大人っぽく見えたゆたぼんですが、

出会いもあれば別れもある
俺には出会いすらないんですけれどもね

と、大人の階段を着々と上るゆたぼんにエール?も贈られています。