ステハゲがYouTubeからの引退を発表

2020年1月31日、「ステハゲ」(登録者数15万人)がYouTubeからの引退を発表しました。
ステハゲは中央大学に所属する現役大学生で、カルト的な人気を誇るYouTuber。
(参考:ニコニコ生放送「生涯ニコ生宣言」)

ステハゲがYouTubeからの引退を発表

ステハゲは1月31日の夜にニコニコ生放送を実施。顔出しはせず音声だけというスタイルの放送でした。

ステハゲは「ずっと前から自分の中で考えていたことがあった」とし、

3年間ほどですね、とあるサイトでね、動画投稿、ゴミみたいな動画投稿をね、やってまして僕、(中略)約3年間ほどですね、第一線で活動を続けてきたんですけども、この度ですね、そちらのほうをですね、引退させていただこうかなと思いまして、皆さんの方にね、今回ご報告させていただきました。

と発表しました。
※ステハゲは「YouTube」と明言していませんが、当記事ではYouTubeとして記載します。

今後はニコニコ生放送の方で「全身全霊をかけて」活動するとのこと。
YouTubeのチャンネルや動画は削除しないものの、「動画の更新はないと思います」と話しました。

3年間毎日、辞めたくてしょうがなかった

(YouTubeで)動画投稿始めてからね、もうずっと3年間毎日ね、もう辞めたくてしょうがなかった(中略)
1日たりとも、1秒たりとも楽しいとね、思えたことはなかった

ステハゲは、世の中の多くの人は嫌なことをしてお金を稼いでいる中、自身の考えは「甘え」であると認めつつも、「それでもやっぱできないのよね」と語っています。

愛沢みぃの“ヒモ”状態

先日ステハゲが交際を発表したコスプレイヤーの愛沢みぃとの関係について、視聴者から「愛沢みぃはステハゲの人生の足かせになる」とのコメントが寄せられたことに言及。
(関連記事「ステハゲがコスプレイヤーとの交際を発表」)

ステハゲは引退は「俺が決めたことだから」とし、足かせとの指摘に対しては「何も分かってない」と返しました。

どちらかというと、足かせになってるのは俺の方なんだよ

と、自身は愛沢宅に居候で“ヒモ”状態だと明かしています。

ステハゲは、YouTubeでは「金なんて対して入ってなかったんですよ」、「インターネットでお金を稼ぐことは諦めている」などと自身の稼ぎの少なさを訴える一方で、愛沢については「相当持ってますよ」と言い、

どっちがカネ目当てかっていったら、僕の方です

と、愛沢がステハゲのカネ目当てに交際しているとの指摘をきっぱりと否定しました。

ステハゲは愛沢を「愛してますよ」と口にし、2人の間には結婚の話も出ている様子。
結婚式の仲人の候補には、出会いのキッカケをつくったニコ生配信者の「唯我」の名も挙がっているとのこと。

ニコ生に骨を埋める

ステハゲは、YouTubeを始めるのは、好きでやっている人と、お金のためにやる人がいると言い、自分は後者だと話します。

今までは自分を偽ってただけ

自分に嘘をついて生きてきただけ

などと、これまでの自身のYouTubeのスタイルを否定。
「ステハゲ」という名前についても変更を考えているようです。

視聴者が大喜利のようなコメントをすることについては、「俺は、面白いとは思わない」と語り、
中でもステハゲの視聴者が他の配信者のコメントを荒らすことについては
語気を強めて「自分たちが滑ってることを自覚しろ」と批判。

これに視聴者から「お前がそういう人間たちを集めたんだろ」とコメントが寄せられると、
ステハゲは「正解 正解」と言い、「だからやめるんだよ」と、今回の引退宣言に紐付けました。

ニコ生配信者の飲み会で他の配信者から刺激を受けたというステハゲは、「ここ(ニコ生)に骨を埋める」と宣言。

自分のね、すべてを賭けて全力で走っていくんでね、よろしくお願いします

と語り、配信を終えました。

 
(関連記事「ステハゲ、彼女の売名疑惑に反論。『君たちが思っているより普通の人間だから』とキャラとの決別も宣言」(2020年5月25日)