かねこあやの愛猫が亡くなる。
本人は「故意の殺害」の可能性を示唆

2020年1月28日、「かねこあや」(登録者数45万人)の愛猫「かねこチチ」が亡くなったことがツイッターにて明かされました。

先日発売された著書「中3で親に捨てられて(以下略)」の中でも「末っ子わんぱくにゃん」として登場していたチチ。
かねこあやも、4匹の飼い猫の溺愛ぶりを「私の精神安定剤」と表現していました。

同日行われたチチの葬儀には、親友のYouTuber「てんちむ」(同108万人)らが出席したようです。

この日から2月6日現在まで、かねこあやはYouTubeやインスタグラムでの活動を休止しています。

殺害疑惑が浮上している

チチが亡くなった数日後、かねこあやはこのようなツイートを投稿しました。

突如上がった飼い猫の殺害疑惑。
チチが亡くなったと推定される時間にかねこあやは外出していましたが、家政婦が入室していたとのことで、現在警察や弁護士らの協力のもと調査が進められているようです。

ツイッターでは疲労の色濃く

事件後から、傷心の様子を見せるかねこあや。

捜査関係者からの聴取に疲弊した様子のかねこあや、時にはこんなツイートもありました。

この件についての詳細は後日、動画にて明らかにされるようです。

関連記事

親友のかねこあやと絶縁、てんちむが生配信で号泣
かねこあや、ゆゆうたを無視するドッキリに批判殺到
虐待・自殺未遂・婚約者の死…かねこあやが初著書で壮絶な半生を語る