ロシア国営放送が日本人YouTuberのフェイク動画に釣られる【新型コロナウイルス】

2020年2月11日、ロシア国営放送が運営するニュースチャンネル「Россия 24(ロシア24)」(登録者399万人)が新型コロナウイルスに関するニュースを公開。

新型コロナウイルス感染により数千人が船上で隔離・検査されているというクルーズ船ダイヤモンド・プリンセス号に関するニュースを報道しました。
そこになぜか「遠藤チャンネル」(同6.7万人)の映像が使用されています。

YouTube

遠藤チャンネルの動画を引用

使われた映像は、2月7日に遠藤が公開した「ダイヤモンドプリンセス号に乗ってます、助けて下さい!(新型コロナウイルス 横浜港 クルーズ船 ダイアモンドプリンセス号 コロナ)」という動画の一部。

動画でマスクを着用し、困り顔で話す遠藤。ダイヤモンドプリンセス号からあと2週間は出れないと話し、「助けてくれよ」などと視聴者に訴えています。

ロシア24のニュースでは、遠藤の映像とともに、

Девять тридцать вечера, а я даже ещё не завтракал. Пажалуйта спасите меня.
(もう夜5時半、まだ朝ごはんすらも食べてない。私を助けて。)

とロシア語でナレーションされました。

ロシア国営放送が遠藤に釣られた?

遠藤チャンネルは“逆張り系”YouTuberとして知られ、時事問題に関し、世間の意見と真逆のスタンスで炎上した人を擁護するスタイルのYouTuberです。
(関連記事「京アニ放火犯を擁護したYouTuber、アカウント停止に。BAN間近か」)

この動画以降も彼は毎日さまざまな場所で撮影した動画を投稿していることから、これは彼が得意とする釣り動画であることは明白です。

ロシア国営放送がこの動画の彼の発言を真に受け、「乗船者の悲痛な叫び」としてニュースに載せたのでしょうか。
 
コメント欄には

「これ見て思ったのは〜」
 
「何言ってるかわからないっすね」

本当に遠藤いて草なんですけれどもね。

と、日本語でのコメントが多く寄せられています。

逆張りを始めて長い遠藤ですが、ついにロシア国営放送という大物を釣り上げたようです。