月収1000万円超えの中学生YouTuberがゆたぼんに人生設計を指南

2020年2月11日、ビジネス中学生「キメラゴン」(登録者1.4万人)が小学生YouTuber「ゆたぼん」(同10万人)とコラボし、「【少年革命家】ゆたぼんの人生設計をしてみた!【どうやって生計立てる?】」を公開。
「最高月収1170万円」を誇るキメラゴンが同じ炎上系不登校YouTuberとして、ゆたぼんに【人生設計の組み立て方】を話しました。

不登校に関する考え方を変えたい

まずキメラゴンはゆたぼんにこれから何をしていきたいのか聞くと、ゆたぼんは

YouTubeでいっぱい不登校の子たちを元気にさせたい。

あと、本を出したい。13才(あと2年)までには出したい

と答えました。
キメラゴンは「不登校に関する考え方を変えたい」という点でゆたぼんと意見が一致していることを確認し、その方法を話し合っていきます。

次に、そもそもなぜ「不登校はダメ」だと考えられているのか?を話します。
キメラゴンは

要は学校に行って、中学・高校・大学って進んで就職するって道が、一般的なキャリアプランだとか人生設計だから、「そっから外れると生きていけねえ」とか「就職しないと稼げねえ」とか、そういうのが

「不登校はダメ」という常識を生んでいるのだと話し、ゆたぼんも「不登校ダメじゃないのにね」と相槌を打ちます。

キメラゴンは学校に行かなくても稼げるようになれば、不登校の子たちは「救われる」のではないかと主張し、ゆたぼんに手に職を付けることを勧めます。

手に職を付ける

キメラゴンは、「手に職を付ける」の意味が分からなかった小学5年生のゆたぼんに

学歴の代わりに「コイツになら仕事を頼めるぞ」というものを自分で持つこと

だと、優しく説明します。

主に「note」などでライターとして活躍するキメラゴンですが、彼は今のゆたぼんと同じ小学5年生からブログを書き始めていたと話しています。
中学3年生のキメラゴンは今年でブログ歴5年目。今では最高月収1170万円という驚異的な数字を叩き出すビジネスパーソンに成り上りました。

小学5年生から見たら果てしない道でも、毎日ね、ちょくちょく一つの分野についてを極め続けるだとか勉強し続けるというのをやったら、確実に中学3年生くらいで大人のクリエイターとか大人の技術者と同じくらいのレベルになれるんですよ

彼の言葉には説得力があります。

ゆたぼんは既に登録者10万人を超えていて、キメラゴンは彼の発信力を認めており、手に職を付けることで

自分が生きていくためのお金は稼げるようになるから、(不登校によるデメリットは)解決やん?それでとりあえず自分の生活の基盤は整えつつ、ゆたぼんくんの思いである「不登校に対する考え方を変えたい」とかで、そこでもお金を稼いでいけば、まあ余裕でそこらへんのね、ゆたぼんくんに悪口を言ってくるさ、いけない人たちより稼げますから!

と話しました。
ゆたぼんもこれからの人生の前途に光明を見い出したようで、ワクワクした表情を見せました。

ゆたぼんの生き様そのものがモデルケースになる

キメラゴンは、現在不登校の小学生のなかで一番発信力のあるゆたぼんが更に活動を続け、手に職を付けることが出来れば、

イヤなことをせずに生きていけるんだというモデルケースになる

と考え、ゆたぼんのこれからに期待しているようです。
互いにリスペクトし合ったところで、キメラゴンの特別授業は終了。動画を終えました。
 
コメント欄には

初めてキメラゴンさんの動いてる所みたけど頭良い人のベシャリだ。声も良いし。
10個上のおじさんですけど期待してます!!

キメラゴン君頭良過ぎ…とても勉強になりました。一流のマーケッターはそうやって物事や人を見てるんだ…年下相手に分かる言葉で説明する優しさまで最高

と、キメラゴンの中学生とは思えない豊富な知識や卓越した話術、そして年下相手にも優しく丁寧に話す姿勢に称賛の声が上がっています。
(関連記事「月収20万円の中学生YouTuberキメラゴンが話題」)