六丸の工房、“春のBAN祭り”対策で動画を削除

2020年2月17日、「六丸の工房」(登録者33万人)がライブ放送で「動画消したよ報告」を公開。

六丸の工房は海外の映画などの映像に偽の吹き替えをする吹き替え系YouTuberですが、再び「危ないのを消しといた笑」と動画を自ら削除したことを明かしました。
(関連記事「“吹き替え系”YouTuberが“圧力”により動画を削除。自ら視聴者に転載要請」)

自ら動画の転載を勧める

彼は洋画やアニメなどの映像を無断で使用するため、著作権の問題でしばしばYouTubeから警告を受けるのだとか。
今回も

著作権的な問題…危なそうだな~ってやつを、消しました

と、YouTubeから削除申請が来る前に動画を削除したことを告白しました。
前回削除したときと同じく、

見たかったら誰かアップロードしてください、適当に。

と、視聴者に自ら動画の転載を勧めました。

春のBAN祭り対策

この時期に彼が動画を削除した理由として、

そろそろ春のBAN祭りが来そうだなと思ったのね。春のBAN祭りが。
そろそろそんな季節、あったかくなってきたからそろそろYouTube、重い腰上げるんじゃねえかなって

と話しています。
“春のBAN祭り”とは、2018年春にYouTubeが政治系チャンネルを相次いでアカウント停止(BAN)した出来事を指します。彼は自身の動画がYouTubeに警告を受けやすいことを認めたうえで、BANを回避するために動画を削除したようです。
(参考:JCASTニュース「政治系YouTubeチャンネル凍結が相次ぐ 原因はなんJ民の「祭り」?」)

ライブ放送で視聴者から寄せられた「動画投稿を辞めるのか」といった質問に対して、

動画投稿を辞めるのかなと思いきや、2月、来週、再来週?むしろ新しいチャンネルが出来るんで笑 よろしくお願いします。

と、活動を続ける意思を表明しました。

コメント欄には

マカロン消えたの辛い。
マカロンで六丸の工房と出会えたのに。

マカロン作れなくなるやん

と、彼の人気動画が彼のチャンネルで見れなくなったことを惜しむ声が多く寄せられています。