はじめしゃちょー、遊戯王のアニメ新シリーズで声優デビュー

人気YouTuber「はじめしゃちょー」(登録者数836万人)が、2020年4月より放送される遊戯王のアニメ新シリーズ「遊戯王SEVENS」の声優に抜擢されたことを、2月18日に投稿した動画で明らかにしました。

新シリーズの社長役に抜擢

今回はじめしゃちょーが担当するのは、新シリーズに登場する「ゴーハ社長」役。
声優の発表に合わせ、「ザ・テレビジョン」などではキャラクターの設定やビジュアルなどが公開されました。

デュエル部門を中心にさまざまな事業を発展させ、今や世界的な大企業となったゴーハ社の社長。いつも仮面をかぶっており、幹部でさえその素顔を見たことがないという(ザ・テレビジョン

ゴーハ社長役に加え、アニメの最後に「強いカードを紹介する」ミニコーナーも担当するとのことです。

収録の様子も公開

18日に投稿した動画では、収録の様子も公開されました。

今回収録したのは短い笑い声のみでしたが、声優の経験はほとんどないはじめしゃちょーは大苦戦。
一緒に収録していた、主人公・大道遊我役の「石橋陽彩」(登録者数8.2万人)や、ゴーハ社の幹部役「山根雅史」らに「どうすればいい?」と助言を求めるシーンもありました。

指示されるままにいろいろな種類の笑い声を収録したはじめしゃちょー、実際のアニメではどのパターンが採用されるのでしょうか。

遊戯王は「特別な作品」

YouTubeでもパック開封動画などを公開しており、遊戯王のファンを公言してきたはじめしゃちょー。
今回の声優起用について、ザ・テレビジョンの取材では遊戯王を「特別な作品」と、その思い入れを語っています。

テレビアニメ「遊☆戯☆王」シリーズは1作目から全て見ているので、20周年の節目を飾る「遊☆戯☆王SEVENS」に出演することができてすごくうれしいです

これまでもアニメ『ベイブレードバースト ガチ』のはじめ役などを担当してきたはじめしゃちょーですが、本格的に声優として起用された今回を「声優デビュー」として意気込む様子を見せたほか、動画では新たなルール「ラッシュデュエル」の感想も話しています。

すげー大役任されてる気がするんですけど、まさかこんな形でアニメに出れるようになるとは思ってなかったし、まさかの社長役っていう。

カードの紹介も、ゴーハ社長役も頑張らせてもらいます。

新シリーズは2020年4月より、東京テレビ系列にて放送されます。
ファンからは早くも、放送を楽しみにする声が上がっています。