プリッとChannel、
解散危機を救ったのはあるYouTuberのアドバイス

2020年2月18日、「カジサック」(登録者数170万人)が「プリッとChannel」(同105万人)と初コラボ。

これまであまり語られることのなかったプリッとChannelの裏話に切り込みました。

元芸人のプリッとChannel

カジサックとのコラボにはSasukeとあごキング、パンダ、しょうちゃん、娘_が登場。
元芸人のSasukeとあごキングが始めたプリッとChannelですが、パンダ、しょうちゃんも元芸人で、娘_は今も現役の芸人です。

期待の新星!Sasuke、あごキングを筆頭とした8人組の新進気鋭なYouTuber。
個性豊かなメンバーが繰り広げる体を張った企画が大人気。
ドッキリ!検証!大食い!見始めたら止まらないユニークな企画力が魅力的。
UUUM

そんなプリッとChannelにカジサックは「どうしてYouTubeに移行したのか」を尋ねます。

「自分ブスなんだ」で芸人の道へ

YouTubeを始めた頃は、芸人とYouTubeを掛け持ちしていたと話すSasuke。

Sasukeは「テレビ出たい、有名になりたいっていうスタンスでやってたんですね」と、芸人にこだわりがあったわけではないと言います。

Sasukeはアミューズはじめ、さまざまな芸能事務所に履歴書を送ったものの、どこからも返事はなし。

周りから「ブスだからだよ」って初めて聞いて、「自分ブスなんだ」って思って、「じゃ芸人介さなきゃ売れないな」って思って(吉本の)養成所入ったんですよ

と芸人になった経緯を明かしました。

養成所であごキングと出会ったSasukeは、吉本からマセキ芸能社に事務所を籍を移した後、

(YouTubeのほうが)売れる確率が高いなっていうふうに考えたんですよね

とYouTube活動を開始。

ところがその3カ月後、あごキングが芸人を辞め、「一般企業に就職したい」と言い始めたそう。
Sasukeは、一般企業に務めながらでもいいので、YouTubeを手伝ってほしいと依頼。

あごキングによると、当時は「YouTubeをやったはいいけど全然再生されない」状態で

3カ月やって、「これもう絶対無理なんじゃない?」って話して、「YouTubeもキツイからやめようかなって思ってる」って話をした

と明かします。

解散の危機を救ったのはカリブラのジョージ

スタート直後に解散の危機となったプリッとChannelを救ったのは、あるYouTuberだったそう。

Sasukeは、イベントで前座を務めたことのある「カリスマブラザーズ」のジョージ(現「JJコンビ」(登録者数25万人))に相談に乗ってもらったとのこと。

ジョージはプリッとChannel宅を訪れ、

半年でチャンネル登録1万人いかなかったら素質ないと思って辞めていいけど、いったら絶対未来あるから続けたほうがいいよ

とアドバイス。
これにあごキングは「半年だけなら」と同意したそうです。

その後、2人は寝る間も惜しみ、1日3本というハイペースで動画を量産。

やがて、「動画肉を使うと伸びる」と小耳に挟んだSasukeがご飯を扱う動画を増やしたところ、「結構伸びるようになってきて」、半年で1万人の目標もクリアできたそうです。

あごキングは

芸人はネタ考えても結果が出るまで時間がかかったり、出なかったりするじゃないですか。
YouTubeは数字でバーッと出るんですよ。
やる気に繋がるんですよ。

関係修復は10年後!?

カジサックから2人のわだかまりが溶けた時期を尋ねられたSasukeは、「あえて悪く言うと」と言い、あごキングに「1回裏切ってる」「都合がいい」などと突っ込みます。
周囲が爆笑する中、関係が修復できるのは「10年後かな」とうそぶいてカジサックを驚かせました。

カジサックは、2人がお互いを必要としているのは動画を見ていれば分かると話します。
Sasukeが「サポートしてくださるのがこのメンバー」、「2人だったら無理だったと思います」とメンバーを褒めると、しょうちゃんが「すごいいい話っすね」と割って入って爆笑を誘いました。

YouTube

カジサックのYouTube進出は「心底嫌だった」

2018年にYouTuberデビューして大成功を収めたカジサックですが、
Sasukeは、カジサックのデビューを「心底嫌だった時期があった」と告白。
カジサックが毎日投稿を続けるのを見て

これはもう敵わないな。こういう方々がずっと来られたんじゃ嫌だな

と感じたそうで、今もこの気持ちはずっと続いていると明かしました。

Sasukeは今回の収録で、カメラが回る前にカジサックがスタッフに指示を出す姿を見て「真剣に取り組まれてるんだな」と感心した様子。

あごキングが

(芸能人が)YouTuberを下に見てるうちは一緒にあんまりやりたくない

とYouTuberのプライドを見せると、カジサックは「そういう人たちは僕も嫌い」と納得。

下に見ているであろう人がYouTube始めても僕は100%成功しないと思ってる

と言うと、テレビよりもYouTubeの視聴者のほうが「デリケート」だとしてで、「しっかり見られてる」と力説しました。

視聴者からは絶賛の声

30分にわたって軽快なトークを繰り広げたカジサックと、プリッとChannel。

2月20日17:40現在、再生回数は約34万回で、高評価1万に対し低評価は241。
高評価率は97.8%と好評です。

コメント欄では

カジサックさんに直接会ってお礼が言いたいくらい、プリッとChannelの裏話を聞き出して下さって本当にありがとうございました😭

プリッとチャンネルはいい意味で現実味がないというか、自分たちのことを話さないからこういう過去の話を聞けてよかったです!動画見ながら感動して泣いちゃった、

など、ファンからの絶賛の声が相次いでいます。